苦楽園口のアートギャラリー「galerie6c」


苦楽園口駅前にあるマンションの3階。
植物や可愛い看板のある廊下を抜けた先にある「galerie6c」は、年間20本以上の展覧会を行うアートギャラリー。

部屋のようなギャラリースペースは、展覧会ごとにガラリと変わった空間になるのが面白い。
カウンター奥の図書室には目にも楽しい本がずらり。もちろん閲覧可能だ。

面白そうな本を見せて頂く。

面白そうな本を見せて頂く。



「作品発表のきっかけ、仕事に繋がるきっかけ、新たな出会い…。そういうきっかけづくりの場になれば。」と話してくれたオーナーでデザイナーの多喜さん。

多種多様な作家の展覧会や、他ギャラリーや美術館との連携企画などを行い、今年で9年目に突入。
そんな中で「きっかけづくり」は何も作家だけに限ったことではなかった。

例えば、久々に展覧会を開くことになった作家の知人や友人にとって、会場は「再会のきっかけ」にの場なる。

「そうした、人と人との出会いのきっかけを大事に思っているのかも」と多喜さん。

少し世界を広げるきっかけに、気軽に足を運んでみて。

1
●2016年8月1日~31日まで夏季休業。
 次回展覧会
 2016年9月1日~9月11日
 こうのあおい 絵本『あいであ』原画展+アノニマ・スタジオ絵本ブックフェア 

galerie6c
<ギャラリーロクシー>
西宮市南越木岩町9-5 3F
TEL:0798-61-6131
HP:http://galerie6c.net/
営業時間 木・金曜日 13:00~20:00
土・日曜日・祝日 11:00~18:00
定休日 月・火・水曜日。 GW休業、夏季休業、冬季休業あり。 詳しくはHPのスケジュール参照。
アクセス 阪急苦楽園口駅から徒歩3分
関連地図

この記事を書いた人:

yukari
惹かれたものに1歩踏み込むきっかけに。 そんな記事を書きたいです。趣味は散歩。 過去の記事一覧は名前をクリック。URL→http://citylife-new.com/author/posbowtr44
http://citylife-new.com/culture/42725.html