高槻市食育フェア2014 楽しく勉強して健康をはぐくむ!レポート1


さる11月9日(日)に高槻市立第一中学校で開催された、「高槻市食育フェア2014 食育ではぐくむ健康 みんなの未来」に、3才と5才の子供を連れて遊びに行ってきた。

わが家の1番の目当ては「野菜スイーツキッチン」。3才頃以上の子どもと保護者で参加する、野菜を使った白玉団子づくりだ。私は日頃から、子どもが小さい今から一緒にお料理をしていきたい!と思っているのだが、いざやろうと思うとこれが大変。
あらかじめ段取りをしっかり決めて、下準備をして、ところが始めると親がやって欲しい作業と、子どもがやりたがる作業が違ったりするので「これを混ぜ混ぜしたいのっ!」「だめっ。それはまだ触らないでっ!」とめちゃくちゃになることも・・。その点このようなイベントならば、家と違って子どもは集中してやり遂げられるし、親も気軽に食育に取り組める。とってもありがたい。

PB091448

真ん中を指でへこませてね~と言われて、本当に指でポコっと押してしまった5才作


3才は、にんじんのすりおろしと白玉粉をボールの中でこねこね。(ポロポロこぼしながらも頑張った!)5才はほうれん草、かぼちゃ入りの白玉を丸める係に。中学生のお姉さんに教えてもらいながら、手の平で転がしきれいな球に仕上げる。ゆでるのはお任せして、シロップをかけてもらったらお待ちかねの、試食タイム!子ども達は「おいしい~」「これ僕が作ったやつ」「もっとちょうだーい」と大喜びでペロリ。

やっぱり自分で作ったおやつな格別においしいようだ。レシピも頂いたので家でもまた「一緒にお料理」を頑張ってみようと思った母であった。
食育イベントの模様は、次回レポート2へつづく


この記事を書いた人:

しず子
北摂に引っ越して早6年目、2児の母。最近は、子どもを連れて遊びに行ける(自分が楽しむ)イベントを探し求めています。映画とラジオが大好物。
http://citylife-new.com/education/parenting/15268.html