ISO茶房で中国茶を堪能しながら、ほっこりまったり幸せ時間。


大阪北摂から、
ちょっぴり足をのばして、
京都にお出かけされるにも、良い季節。

京都、
金閣寺近く、
西陣織の工場であった京町家を改装された
茶藝館 ISO茶房を、ご紹介。
RIMG4781

天井が高く心地よい空間で、
_DSC0372
無農薬、有機栽培にこだわった芳醇な中国茶を楽しむ贅沢な時間。
おのずと、ゆったりくつろぎモードにスイッチが入ってしまって、
ついつい長居してしまう。

店内の壁面に置かれているガラス扉の収納棚には、
オーナーのコレクションである茶器が、
600点以上、
所狭しと収納されている。
この茶器たちを、ゆっくり見せて頂くのも楽しい。
(この収納棚に入りきれてず、
別の収納棚に保管されているものも。)
オーナーが、手があいておられそうな時に、
話かけてみられるとこも、おすすめしたい。
_DSC0446
ここでは、ひとつだけ、
ちょっぴりご紹介。
下記の茶器の龍の絵柄部分に、ご注目っ。
お湯を注ぐ事によって、色が変化する遊び心ある茶器。
竜の絵柄のコピー

中国茶は、
常に、20種類くらい用意されている。
(定番のもの、季節限定のもの、
自分が、その時の気分に合ったものを味わう事ができる)

ちなみに、只今、通常メニューの他に、
一周年記念・特別メニューがある。
(20種以上茶葉が用意されている)
特別メニューは、茶葉がなくなり次第、終了。
是非とも、今しか味わえない貴重なお茶を、ご賞味あれっ。

中国茶に良く合うドライフルーツは、
お茶を注文すると、お茶請けとして付いてくる。
(下記の画像は、
一周年記念・特別メニューのひとつである東方美人 2012優良賞受賞銘茶)
_DSC0434

その他にも、
中国茶と相性抜群、
オーナー手作り、
体に優しく美味なデザートもある。
杏仁豆腐、マンゴープリン、パウンドケーキ。
この三つのデザートには、砂糖は一切使用されていない。
メイプルや蜂蜜などで甘みを出されていて、
ウーロン茶を香りと甘みを引き立てる役目として
入れられているのだそうだ。
味わい深い中国茶に、後味、さっぱりとしたデザート、
幸せ気分満開。
_DSC0438
10月辺りから、
茶藝館ならではのランチも始められる予定。

9月から、
磯尾オーナーの中国茶教室、開催中。
次回 
第二回中国茶教室は9月29日(月)14時~16時の予定されている。
詳細については、
ISO茶房のFacebookページで➞コチラ

ISO茶房
<いそさぼう>
京都市北区衣笠北天神森町4-2
TEL:075-366-3636
HP:http://www.iso-sabo.com
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 水曜日
アクセス 京福電鉄北野線 北野白梅町駅 徒歩15分
地下鉄烏丸線 北大路駅 バス15分
市営バス 金閣寺道停留所 徒歩2分
駐車場 無し、金閣寺周辺、有料駐車場あり。
関連地図

この記事を書いた人:

ソルシエ
アート大好きッ! 楽しいコト、素敵なコト、美味しいコト、大好きなです! アートを身近に感じて頂けたら、嬉しいなっという思いを込めて、アート情報を中心に、 色々な情報を紹介させて頂きたいと思います!
http://citylife-new.com/gourmet/12443.html