素材を最大限に引き出す 自家製濃厚ジェラート『Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE』@神戸市中央区


ひんやりとしたデザートが食べたくなる季節。
神戸市中央区にある『Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE』で、厳選されたフレッシュな自家製ジェラートはいかが。

生田川を目指すとOK



4月下旬より自家製ジェラート主体の専門店に早変わり。常に5~6種類が並び昨年は30種類登場したとか。(期間中ショコラは詰め合わせ販売)

右前:愛媛県産「デコポン」



左奥:イタリア・ブロンテ村産「プレミアムピスタチオ」※150円UP



贅沢に・・・



上:究極の苺 中:濃厚ミルク 下:ショコラトリーのショコラ



◇「究極の苺」(プレミアムフレーバー)長崎県産の苺をギュッと凝縮、使用するのは苺と砂糖のみ。甘酸っぱさがふわっと優しい。

◇「濃厚ミルク」 濃厚なコクを引き出すのは北海道産牛乳、生クリームと砂糖。他のフレーバーに混ぜながらいただくと、よりまろやかに・・・。

◇「ショコラトリーのショコラ」
ショコラファン必見!口の中に広がるビターチョコレートの深みと香りは贅沢そのもの。

嬉しいことにテイクアウトもOK!-30度でしっかり固まっているジェラート。保冷シートに包んでもらえるが、保冷バック・保冷剤など事前に用意するのをおすすめしたい。

冷蔵庫で少し柔らかくして召し上がれ



いちごフェアも同時開催



食感が人気の「われザクッいちご」



「今後はハーブを使ったジェラートも作ってみたい。素材のおいしさを知っていただければ嬉しいです」と話すのはオーナーシェフの瀬野さん。食材に向き合う瀬野さんを支え続ける奥さま。お二人がいるからこそ多くのショコラファンに愛されるのだろう。

旬の素材によってメニューも変わる自家製ジェラートは、9月末まで販売予定だ。

Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE
<ショコラティエ ヤスヒロ セノ コウベ>
神戸市中央区御幸通2丁目1-26 M&C ビル1階
TEL:078-862-1890
HP:http://www.yasuhiroseno-kobe.com
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜日・第1,第3火曜日
アクセス 神戸市営地下鉄海岸線「三宮・花時計前駅」下車
3番出口より徒歩8分
駐車場
関連地図

この記事を書いた人:

ななとも
神戸で生まれ育つ。幼い頃から食べる事と帽子が好きなことは今も変わらず。全ての職人魂を持ち続ける方を微力ながら応援したいと思っている。
http://citylife-new.com/gourmet/53119.html