ベビーカーじゃない“福祉バギー”を知って!『子ども用車いす啓発プロジェクト』@一般社団法人 mina family


先日、日本一長い商店街「天神橋筋商店街」を歩いていると掲示板に目が止まった。

ここには・・・



認知されてないのだろうか・・と気になり、製作元の「一般社団法人mina family」代表の本田さんに詳しく話を伺うことにした。

「天神橋商店街は1番最初の活動場所だった」と本田さん



「子ども用車いす(福祉バギー)」とは、一般的な車椅子とは違い、背もたれなど身体がズレないように調整する機能が付いている。車輪が小さいタイプは、ベビーカーと見分けが付きにくく間違われることも多いそう。

右:子ども用車いす 左:ベビーカー



本田さんの長女であるお嬢さんは、生後5ヶ月に脳神経の病気を発症。以来、子ども用車いすが欠かせない生活になった。電車を利用する際、ベビーカーと間違われホームと車両の橋渡しをするタラップを拒否されたことも。また、関西特有の良かれと思った言葉に傷つく思いも少なくない。

「子ども用車いすを利用しているお母さん方は、わが子の障がいや疾患を受け止めるのに、まだ時間を要する状況の方もいます。精神的に追い詰められている時の一言は、本当に辛いです。」と本田さん。

代表の本田さんとお嬢さん



2015年に一般社団法人 mina familを設立し、翌年『子ども用車いす 啓発プロジェクト』を始動。クラウドファンディングの成功も経て、念願の「子ども用車いすマーク」が誕生した。

子どもに配慮し明るい色づかい


素材は柔らかく 触ると凹凸になっているのがわかる


医療機器など載せるとかなりの重さ



ポスターの配布数も7000枚を超え、人から人へと全国へ広がっているそう。
「子ども用車いすマーク」の使用方法など、事務局へ一度問い合わせをお願いしたい。

一般社団法人 mina family
<いっぱんしゃだんほうじん みなふぁみりー>
大阪市中央区本町2-5-7
メットライフ本町スクエア3F
TEL:06-7777-2708
HP:http://www.mina-family.jp/
関連地図

この記事を書いた人:

ななとも
神戸で生まれ育ち、現在も神戸在住。震災を経験後、さらに神戸の温かさを再認識。実際に体験した美味しいスイーツやグルメ情報、神戸のおすすめスポットなど、人との繋がりから生まれる何かをココからお届けできればと思っています。どうぞお付き合いくださいませ。
http://citylife-new.com/health/57490.html