神戸の街並みが玄関口に!新幹線連絡通路 神戸市営地下鉄『新神戸駅』


神戸の玄関口ともなる新幹線連絡通路 神戸市営地下鉄『新神戸駅』。
昨年リニューアルされ美しく生まれ変わっている。コンセプトは「山から海へ」。連絡通路を大きく3つのエリアに分けて神戸の街を表現。デザインは、神戸芸術工科大学環境建築デザイン学科の長濱研究室が手掛けた。

神戸市営地下鉄『新神戸駅』改札前付近
◇「旧居留地とみなとのエリア」

旧居留地の建物をイメージし、神戸の港を連想させる神戸ポートタワーのデザインが。神戸まつりなどイベントによって色が変わる仕組みだ。
新たにデジタルサイネージが設置され、休憩スペースもあるのでひとやすみできる。

神戸といえばポートタワー



連絡通路中間踊り場
◇「花と緑のまちエリア」

壁面に神戸を代表する花である「あじさい」をデザイン。壁の折れ点は、わかりやすく誘導サインが表示されている。

大きく表示された誘導案内はわかりやすい



長いエスカレーター部分・北出入口
◇「異人館と山が見えるエリア」

神戸・北野異人館そのもの。長いエスカレーターは神戸の坂道を下っていくイメージなんだとか。

よく見てみると・・・



異人館でよく見る街灯!



坂道をイメージ



北出入口正面には大型ディスプレイを設置。神戸の美しい景色や観光情報など映像が流れている。

神戸の美しい景色や観光情報などの映像が流れている


神戸の六甲山など緑あふれる街をイメージする「ダークグリーン」で統一。
天井照明の柔らかい光は、木洩れ日をイメージされているとあって納得!

ほっと落ち着く雰囲気



神戸へ訪れる全ての方へ心からの「おもてなし」が届くようにとリニューアルされた『新神戸駅』。少し足を伸ばして身近な神戸の街並みをぜひ体感してみて。

新幹線連絡通路 神戸市営地下鉄『新神戸駅』
<しんかんせん れんらくつうろ しえいちかてつ しんこうべえき>
アクセス 神戸市営地下鉄「新神戸駅」下車すぐ

この記事を書いた人:

ななとも
神戸で生まれ育つ。幼い頃から食べる事と帽子が好きなことは今も変わらず。全ての職人魂を持ち続ける方を微力ながら応援したいと思っている。
http://citylife-new.com/interest/51443.html