器を楽しむ 逸翁の茶懐石 逸翁美術館


器でお料理が決まると言っても・・いいでしょう。

6月7日(日)まで「器で楽しむ 逸翁の茶懐石」開催中。

逸翁とは阪急電車や宝塚の生みの父、小林十三の
雅号( 文筆家・茶人・芸術家などが、本名以外につける風雅な名)です。

P5122472

解放感あふれる館内



P5122471

再現された茶室の内部は自由に見学
リクエストあればお茶をふるまってもらえます。(有料)



生前の逸翁が客人に振るまった懐石料理の陶器を展示しています。
当時は朝7時から12時まで催されていたようです。いや驚き。

戦前より逸翁は和食器ばかりではなく、積極的に洋食器も取り入れています。
そして贅沢にも清の時代や桃山時代、朝鮮王朝時代のものまで取り寄せてます。

中でも私が面白かったものをいくつかご紹介します。

萩白無地歪鉢・・・白い湾曲形の大鉢で、却ってお菓子や煮物など引き立たせます。
この形は考えつくされそして遊び心あり、達人ならではのもの。
人物形酒次・・・・西洋人人形形のお銚子
赤絵双魚文平皿・・皿の赤と盛られている卵焼きが抜群マッチしています。
北大路魯山人作です。

そしてこれは他では見られない!
バカラ懐石膳一式・・戦後バカラ社に特別に作らせたもので汁椀までガラス製品・・です。
贅沢な夏懐石用です。

本物の懐石の器をみると自然と目に浮かんでくるのは
そこに盛るご飯の一粒一粒が、
また食材の細部まで器と調和し一層美しさを引き立たせた姿。

そして自分もそんなお料理ができる気(?)がしてきます。

本格的な器により洗練されていく自分を感じてくださいね。

P5122467

すてきな写真集、グッズもたくさんあります



次は小林一三記念館を紹介します。

逸翁美術館
<イツオウビジュツカン>
池田市栄本町12-27
TEL:072-751-3865
HP:http://www.hankyu-bunka.or.jp/guide/itsuo-museum/index.html
開館時間 会期 4月11日(土)~6月7日(日)
10時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

観覧料(税込) 【2015年4月1日改正】
一般 800円
学生(高校生以上) 500円
小人(中学生以下) 無料
各種割引有り
シニア(65歳以上) 600円
定休日 展覧会会期中の月曜日
アクセス 阪急電鉄「池田」より徒歩5分
駐車場
関連地図

この記事を書いた人:

ニッキ
北摂に住んで10年 マラソンをはじめて6年目。 去年は淀川マラソン一昨年は大阪マラソン完走! 万博公園や箕面の滝まで走り体力自慢のアラフィ~です!
http://citylife-new.com/life/21890.html