100年目の熱い夏。甲子園!小林一三記念館 池田市


豊中から始まった夏の甲子園高校野球が今年で100年目。
それを記念して、小林一三記念館では9月27日(日)まで、「小林一三と野球」を開催中。
大正4年(1915)甲子園はこの豊中グランドから始まった。

ご存知、小林一三氏は、阪急電鉄と宝塚の生みの親。
阪急沿線に展開された小林一三の野球事業を紹介。
懐かしい阪急球団のポスターなど。

数々の偉業を展示しているが、面白かったのは新入社員時代
優秀な社員ではなかったことだ。

戦後、当時の東京電燈(後の東京電力、
後年全ての路線を東武鉄道や江ノ島電気鉄道などに譲り渡す)
再建に力を貸している。
条件として自分の名を出さないことにし、週一度の会議に必ず出席、
自分の会社には極力秘密にしてたようで、なかなか粋な人だったかもしれない。

小林氏の葬式には数千人のタカラジェンヌが参列したらしい。

さて、こちらではかつての一三の自宅を公開している。
自宅の門は和風だが、玄関は洋風、重厚な趣がある。

P5122500

P5122479

西洋のお城の迷い込んだような玄関



P5122484

吹き抜けの天井 大きなカーテン



P5122488

暗くてよく見えないのはご勘弁を!
2階からの木彫りの素晴らしい階段
待たせたお客に優雅に降りてくる小林氏が目に浮かぶ



P5122495

書斎 ここで数々の名案が生み出された



暑い夏が続くが邸宅の庭は木々がたくさんあり、中はひんやりした風が走る。
一度こちらの豪邸に訪れ、豪放な実業家の気持ちを味わってみては。
また近くの逸翁美術館にもぜひお越しを!

小林一三記念館
<コバヤシイチゾウキネンカン>
池田市建石町7-17
TEL:072-751-3865
HP:http://www.hankyu-bunka.or.jp/about/kinenkan.html
営業時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 毎週月曜日(但し、5月4日・7月20日・9月21日は開館、 5月7日(木)・7月21日(火)・9月24日(木)は休館)
アクセス 阪急池田駅から徒歩13分、
または、阪急バス
「五月山公園大広寺」バス停下車、徒歩5分。
駐車場

【入館料】     一般   300円
           中・小生以下無料

関連地図

この記事を書いた人:

ニッキ
北摂に住んで10年 マラソンをはじめて6年目。 去年は淀川マラソン一昨年は大阪マラソン完走! 万博公園や箕面の滝まで走り体力自慢のアラフィ~です!
http://citylife-new.com/life/22487.html