静物の躍動がわかる巨匠 ジョルジョ・モランディ 兵庫県立美術館 2月14日(日)まで


卓上に並ぶ何気ない壜たち。描く線は決して精密ではない。
しかし、素朴な線と色合いでモノの表情を描き出す。
描く絵は「物体」だが、「モノ」として語りかけてくれる。
孤高の芸術家の優しさを感じ取れる。

20世紀イタリアを代表する画家、ジョルジョ・モランディー(1890~1964)
おもに画材は壜、容器、アトリエ近くの風景など。同じ物体を繰り返し描き、別の作品として描く。

その生涯をほとんど故郷ボローニャで過ごす。
自分の身の回りの「モノ」たちを愛し、自宅近く坂道から観る
夕陽を「世界一の夕焼け」と称していた。

対象物は日常使用のものではなく、画材用に特別保管されたもの。
その上につもる埃をも一番美しい姿で描く。
まるで、モノが語り部のようになり、中心から色々なオーラ―をつける。

モランディの特徴は同じ対象物を複数描き、光の角度や配置などで
異なる表情を繊細に描いていることだ。

P1260376

横の対象物の違いによって表情が違ってくる



横に並ぶ物が違っても印象が変わることを教えてくれる。
個人的な感想として、色使いが印象派の影響を強く受けているような気がした。

P1260373

静物の絵が私たちに語りだす



造花を対象した花の作品はほとんど知人たちに譲渡した。
モノとして、花となった造花にもその光と影を見逃さず、愛情をもつ。
その緻密なタッチにあくなきモノたちの‘生き様‘を追及している。

日本で17年ぶりの開催。
「ジョルジョ・モランディー終わりなき変奏」
2月14日(日曜日)まで、兵庫県立美術館にて開催。

兵庫県立美術館
<ヒョウゴケンリツビジュツカン>
神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
TEL:078(262)0901
HP:http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1512/index.html
開館時間 開館時間:午前10時~午後6時
※(金・土曜日は午後8時まで)入場は閉館30分前まで
観覧料金
当日団体割引あり(20名以上)
一 般 1,400円 (1200円)
大学生1,000円(800円)
高校生・65歳以上 700円 (600円)
中学生以下 無料
※障がいのある方とその介護の方1名は各当日料金の半額。
(65歳以上を除く)
定休日 休館日:月曜日
アクセス 阪神電鉄「岩屋」
(兵庫県立美術館前)徒歩8分
JR「灘」 徒歩10分
阪急電鉄「王子公園」 徒歩20分
駐車場 有(80台)
関連地図

この記事を書いた人:

ニッキ
北摂に住んで10年 大学生2人の息子をもつ母です。 マラソンをはじめて5年目。  去年は淀川マラソン今年は大阪マラソン完走! 万博公園や箕面の滝まで走り体力自慢のアラフィ~です!
http://citylife-new.com/life/35227.html