「わらび餅」と「たこやん」は、帰省の大阪てみやげツートップ!古くて新しい菓匠[千壽庵吉宗]@吹田市穂波町から。


千壽庵吉宗大阪店は、吹田警察署近くに大きな路面店を構える老舗菓匠である。「和菓子はなつかしの心のふるさとです。」と、庵主の挨拶にもあるとおり、店内はしっとりした雰囲気とノスタルジーが漂っている。

DSCN3866
店内に入ると、お茶とお菓子「みたらしたれうさぎ」が運ばれてきた。もっちりとしたお団子から、関西風たまり醤油のたれがとろり。お茶は普通のお茶ではなく、お店でも販売されている紫蘇の香り豊かな香煎茶である。お茶うけのお菓子は、わらび餅等、日によって変わるので、行くたびに違うお菓子が楽しめる。

DSCN3867

みたらしたれうさぎ 12個入り 630円


かわいいお団子で目も和んだら、まずは、千壽庵吉宗の名物わらび餅コーナーへ。ここのわらび餅は、創設時からの看板商品で、内閣総理大臣賞も受賞している。



DSCN3860

栗わらび餅 380g 600円 わらび餅 380g 550円



わらび餅は弾力と口溶けがその魅力である。きな粉をかける前に、そのままのわらび餅をいただこう。ほのかな、わらびの風味と、上品な甘さが口に広がるのである。

千壽庵吉宗のわらび餅≠要冷蔵。これは、わらび餅の常識を変える。低温で保存をしては、すぐに固くなってしまうのだ。本わらび粉と、本物に極めて近いわらび餅粉を合わせて練り上げた千壽庵吉宗のわらび餅だから、常温保存が適しているのである。

IMG_3583

つるんとして、もっちり



 

さて、千壽庵吉宗の、もう一つの人気商品は「たこやん」である。パッケージとネーミングから、何やらおもしろい大阪みやげが想像される。

DSCN3872

たこやん 10個入り 630円



大阪名物たこ焼きの、お饅頭である。
正確には、ソースたこ焼きそっくりの、ミルク風味のお饅頭である。お皿に盛りつけると、本当にたこ焼きに見える完成度の高さに感心。シャレもおみやげ話の一つに、いかが?

「たこやん」誕生の秘話を山本社長に説明していただいた。

IMG_3582

おいしそうな、たこ焼きである。



「大阪らしい、インパクトのある新商品を考えていて・・・」と、山本社長。「どんどん出来上がってくるお饅頭を、無心に眺めているうちに、イメージが湧いたんです。お饅頭×たこやきの組み合わせは、おもしろいやん・・・!」大阪名物「たこやん」誕生の瞬間である。たこ焼き味の○○○という商品発想では、ない。味も素材も真っ向勝負の正統派、ミルク風味の白あんと、練乳の生地でできた、歴としたお饅頭なのである。「ただ、見た目はたこ焼きやねん。」もれなく大阪人のシャレが付いてくる。

人気商品はまだまだ続く。

こちらはスマイルマークや、メッセージを入れられるどら焼き。



DSCN3869

スマイリーどら焼き



DSCN3875

沖縄産黒糖どら焼きも人気である。



IMG_3564

15個入り 2470円 10個入り 1672円


懐かしの駄菓子達。DSCN3859 新旧織りなすお菓子の歴史あり、千壽庵吉宗は古くて新しい、大阪のてみやげものやさんである。
DSCN3862

千壽庵吉宗の商品は吹田市穂波町の路面店以外でも、購入ができる。JR新大阪駅、大阪駅、京都駅、新神戸駅、構内駅売店、伊丹空港、関西空港、等。帰省時のお土産にどうぞ。インターネットでも地方発送可。

最後に、読者の皆様におトク情報「割れたこやん」をご紹介したい。

IMG_3565

レジ横にひっそりと並べられている「割れたこやん」を発見した。6個入りで105円とは「おトク」のテンション急上昇である。前回、そして前々回に引き続き、またも自分用にと、購入するしかないのであった。

DSCN3878

千壽庵吉宗 大阪本店
<せんじゅあんよしむね おおさかほんてん>
大阪府吹田市穂波町13-42
TEL:06-6384-3981 
HP:http://www.senjyuan-osaka.com/index.html
営業時間 営業時間 9:00~19:00
定休日 元旦
駐車場 店舗裏に4台駐車スペースあり。
全面禁煙
関連地図

この記事を書いた人:

Sachi
豊中市出身。2005 - 2013NYで生活。オーガニック好きゆるめベジタリアン。近頃はママ業もひと段落、大学院生や塾講師、ピサンキワークショップ etc.やってます。テニス、ドライブ、小麦が好き。
http://citylife-new.com/news/2334.html