兵庫魚連「SEAT-CLUBお魚研究会」で、タチウオを調理体験~前編~


神戸の隣り、明石は漁港が有名だ。
誰もが知るタコだけではない、毎日色々な種類の魚が水揚げされている。
今回、明石にあるJF兵庫漁連で開催されている料理教室のうちの1つ、
SEAT-CLUB」おさかな研究会による教室に参加した。
IMG_6971 ここはロケーションがすごい。明石海峡大橋と大海原を目の前にして調理できるという贅沢。
IMG_6972 講師は、お魚かたりべの福永美枝子先生と、川端寿美香先生のお2人。
お魚研究会では、作った後自宅にお持ち帰りできる、保存のきく魚料理を教えてくださるそうだ。
IMG_7003 この日のメニューは「揚げタチウオのおろし煮」。
タチウオというと、塩焼きなどがよくあるものだが、小骨が多いので食べにくい。
今回はその骨を全部取り除き、身だけに片栗粉をつけ揚げ、大根おろし入りのダシしょうゆで煮るというもの。
さて・・・タチウオは簡単にさばけるのだろうか。

銀色に輝く、新鮮なタチウオはお刺身で食べられる鮮度。
IMG_6988 タチウオは鋭い歯を持っているので、扱いには十分注意しなければいけない。
IMG_6975 鮮度の高いタチウオは、ネイルのラメにも使われる綺麗な銀箔に覆われているので、触りすぎないように・・・。
IMG_6976 出刃包丁があれば魚をさばくのも問題ない。
えらの少し後ろに刃を当て、包丁を寝かせ真ん中を切らないよう両端に切り目を入れる。
IMG_6991 身を引っ張ると内臓がスポッと抜ける。
IMG_6980 その後は等分に切っていき、1つ1つ慎重に包丁を引きながら骨の上を薄く切っていく。
これが本当に難しい。
少しでも骨を切ってしまったらと思うと、控えめに切りすぎて身が骨に残りすぎてしまったり。
IMG_6985 出来上がりはこのような形に。
素人なのでどうしても骨にも身が・・・。
IMG_6995
後編は、いよいよタチウオを調理します。


この記事を書いた人:

くれあ
小学生男子2人の母です。横浜から神戸に引っ越して約2年、横浜に似た神戸の町を散策するのが楽しいです。オシャレなお店や美味しいごはんやさん、健康・美容に関する情報など、興味がある分野を追求したいと思っています。
http://citylife-new.com/news/29124.html