打ってみまい!!うどん打ち体験@ 豊中市桜の町* [北摂麺打ち隊] X Sachi *


「北摂麺打ち隊」は、讃岐うどん打ちのボランティア団体である。井上康治氏を代表として、うどん打ちの楽しさを普及させようと、2013年4月に発足。当初4人であったが、口コミの紹介で有志が集まり、現在は11人の団体へと成長した。うどんを打つ事と、「このおうどん、おいしい!」の、一言を愛する隊員さん達の集いである。

IMG_3850

左側より 井上氏 吉竹氏



活動場所は麺打ち道場、阪急バス桜井谷停留所を下りてすぐの所にある。納屋を改装しており、風情ある古民家が軒を連ねる一角にある。道場の入り口に向かうと、壁に沿って、お花がお行儀よく並んで出迎えてくれる。

IMG_3848

今では珍しい納屋



道場の中は、アイデアと創作が至る所に見受けられ、どの道具、家具一つにも、ここに配置されるまでのストーリーを井上氏から聞く事ができる。この道場に新しいものはほとんどない。が、手入れされてきたものたちの、統一感がある。

IMG_3849

麵打ち道場


井上氏曰く、「なにしろ、ボランティアですから。麺を打っても、麺を売る事はしないのです。」麺打ち隊は、徹底して利益を追求しない。それは、それは、頑固なコシある意思なのだ。彼らはうどん打ちの楽しさと、打ったうどんのおいしさを、ただ皆さんに知ってもらいたいのである。体験者の一人の私にさえ、昨年度の収支表を見せてくれる程の、透明度の高さである。
   本当に、儲けていなかった。

IMG_3920
麵打ち体験の所要時間は約3時間。その日自分で打ったうどん(約十人分)を持ち帰る事ができる。費用はお一人800円。普通の讃岐うどんの他に、柚子を生地に練り込んだ、柚子うどんもあり。 柚子うどんを打つ時は、道場中に柚子の良い香りが広がる。唐辛子を入れれば、目にも楽しい紅葉うどん。どちらも予約時に確認要。

さて、いよいよ うどん打ち体験がスタート!

まずは材料、小麦粉は白鳳

IMG_3851

水は軟水 塩と水の分量は気温によって微妙に調節する。

IMG_3852

混ぜ合わせて、おからのような状態にしたら、餃子のようににぎり合せてから、

IMG_3853

一つにまとめる。

IMG_3854

 ビニールに入れて、寝かせて

IMG_3856

脚踏みをする。

IMG_3859

1mに満たない板間と手すりも手造りである。

IMG_3861

さて、ここからが本番! 延ばしである。

IMG_3864力が要るのでふんばって、何度も麺棒で延ばして行く。

IMG_3866    ………..
IMG_3871

なかなか延びない。

IMG_3867

何度も繰り返して 

IMG_3882

やっと、延びた!

ピザのように丸かった生地だが、麺棒で延ばしていくと四角形になる。不思議だ。
IMG_3885

リズムよく4mmに切って、

IMG_3894

一人前のうどんを取り、

IMG_3899

 麺を一本一本に分けるため、板に打ちつける。

IMG_3903

 麺を揃えて、ねじって、パッキングすれば

IMG_3907

 できあがり。

IMG_3910

出来上がったおうどんが、かわいいとは、想像していなかった。手をかければ愛着がわき、愛情を含んで完成したおうどんである。

「おいしい!!」は言うまでもない。「素直な手打ちうどん」がぴったりな表現だ。それは、口当たりのためにでんぷんを加えたり、日持ちをさせるために保存料を入れたりしないこと、、だけではない。    今日の私がどのような気持ちで、生地に触れたか。

納屋を「麺打ち隊」に無償で貸してくださっている方、庭になる柚子を提供してくださる方。「麺打ち隊」の意思に賛同された方々からの協力がたくさん見えた。丁寧に教えてくださる隊員さん達に囲まれつつ、手造りなる麺道場で一心にうどんを打てば   一つ一つに、素直な気持ちで感謝である。

最後に、パッキング時のラップを巻く装置を考案したのは井上氏。これが何ともよくできている。これから体験をなさる方へのサプライズに、ここで写真を掲載するのはやめておこう。さすが、熟練大工さんのアイデアは、一つも二つも捻りが効いている。ぜひ、麺打ちと共にお楽しみあれ。

本日の麵打ち隊員、吉竹氏、井上氏 と Sachi。貴重な体験をありがとうございました!

IMG_3916

 

北摂麺打ち隊
<ほくせつめんうちたい>
大阪府豊中市桜の町5-3-48
  連絡先 珈房マメノキまで
TEL:06-6844-0181
営業時間 麵打ち体験 10:30a.m. - 18:00p.m.
定休日 無し
アクセス 大阪モノレール 柴原駅より徒歩10分
阪急バス 桜の町バス停下車 徒歩1分
駐車場 無し
麵打ち体験の予約&お問い合わせは 珈房マメノキ迄 tel : 06-6844-0181

営業時間 月曜日〜土曜日 10:30 a.m. 〜 6:00 p.m.
関連地図

この記事を書いた人:

Sachi
豊中市出身。2005 - 2013NYで生活。オーガニック好きゆるめベジタリアン。近頃はママ業もひと段落、大学院生や塾講師、ピサンキワークショップ etc.やってます。テニス、ドライブ、小麦が好き。
http://citylife-new.com/news/2989.html