太陽の塔を振り向かせる!?おおさかカンヴァス2016が開幕!


“大阪のまちをカンヴァスに!”というコンセプトで、平成22年度からスタートした「おおさかカンヴァス推進事業(主催:大阪府)」。今年度は、万博記念公園を中心とするエリアが舞台に選ばれた。

万博記念公園といえば、岡本太郎の代表作品「太陽の塔」が大きなシンボルとなっている。
公募から選ばれた6作品に加えて、大阪芸術大学との連携企画作品が、この「太陽の塔」を振り向かせるため、自由な発想と感性、創作意欲をもって作品発表に挑むのだ。

巨大バルーンを使った福笑いは参加型で楽しむことができる(参加型のパフォーマンスは土日に実施)

巨大バルーンを使った福笑いは参加型で楽しむことができる(参加型のパフォーマンスは土日に実施)


太陽の塔の根っ子をイメージしたカブリもの?

太陽の塔の根っ子をイメージしたカブリもの?



メインエリアとなる「太陽の広場」は、平日と土日によって展示方法が異なり、土日の鑑賞であれば、普段は立ち入ることのできない芝生の中へと入っていき、専用通路から作品を鑑賞することができる。
また、「万博記念公園駅」の壁面にも作品が展示されているので、モノレールに乗って会場へ行くのがおすすめだ。

P1010723 “ちびがっつ”による「太陽の人」は、一日中「太陽の塔」に向かって立ち続けるというパフォーマンス。
P1010737 「がっつ!」と声をかけると、「がっつ!」と返事をしてくれるシンプルな表現だが、子どもたちに大人気だった。

開催日時 2016年 10月22日(土) ~ 2016年 10月30日(日)
万博記念公園の開園時間は9:30~17:00(入園は16:30まで)
参加費・入場料 観覧無料(自然文化園(太陽の広場含む)入園料:大人250円・小中学生70円)
HP http://osaka-canvas.jp/
会場 万博記念公園「太陽の広場」、EXPOCITY、万博記念公園駅
お問合せ 大阪府府民文化部都市魅力創造局文化・スポーツ課
大阪市住之江区南港北1-14-16
TEL: 06-6210-9306
E-mail: Canvas@gbox.pref.osaka.lg.jp
関連地図

この記事を書いた人:

ハルキ
結婚後、千里ニュータウンに越してきました。 主にまちづくりやアートなどを通じて北摂の魅力を伝えていければと思います。 よろしくお願いします♪
http://citylife-new.com/news/45482.html