息を呑む美しさ!ダイナミックな七曲滝の氷瀑 in六甲山


六甲山頂~有馬温泉を結ぶ紅葉谷道というハイキングルート近くにある七曲滝。
六甲山の北側斜面を流れるこの滝は、例年1月中旬から2月中旬ごろにかけて滝が凍る。
2月始めに訪れた寒波から少し経ってはいたが、2月16日に行ってみた。

天気は晴れ。
雪が踏み固められて凍った山道やぬかるみもあり、軽アイゼンを装着して臨む。 六甲山頂から北側の有馬温泉方面に向かうルートで、極楽茶屋跡のわきから紅葉谷に入った。
しばらく行くと分岐。有馬方面へ。 2014年の台風の影響でう回するよう看板が出ているがそこを自己責任で進む。 時々滝の音を頼りにしながら進むと川の流れの先にそれは現れた。 高さ約25メートル。
真ん中のメインの流れは凍っていなかったが、それでも水量の少ないサイドの流れは氷結している。
澄んだ空気にとても美しい光景だ。少し高めの気温のせいで時折つらら状の氷が音をたてて落ちてくる。
凍る凍らないは気温まかせ。いつか完全な氷瀑を見に、またチャレンジしたい。

七曲滝
<ななまがりたき>
アクセス 神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩で約1時間半
六甲山上バス六甲山頂バス停から徒歩で約1時間半
関連地図

この記事を書いた人:

リゼ
神戸在住。 六甲山系のルートを散策する女子登山隊でゆる~く活動中。 2017年は神戸開港150周年!神戸情報をたくさんお届けします。
http://citylife-new.com/news/49660.html