木のおもちゃ専門店[ウッディモンキー]高槻


木枠のガラス扉を開けると、そこはおもちゃ箱。

高槻市沢良木町にある、木のおもちゃ専門店[ウッディモンキー]。

ヨーロッパのものを中心とした、木製のおもちゃを数多く取りそろえる、
子供のためのワンダーランド。

取材に伺ったのは、12月の声を聞こうとするある寒い日。
おそらくおもちゃ屋さんにとっては、1年で一番忙しい日々だ。
店内にはクリスマスを待つ、オブジェやオーナメントが楽しげに並んでいた。

 

DSCN7265

オーナーの村田さんは、二児のパパ。
お店のオープンのきっかけも、ご自身のお子様の誕生の際に出産祝いにもらった、
木のおもちゃがきっかけだったと言う。

「木のおもちゃ」とひとことで言っても様々で、
オーナーの思い入れはとりわけ、あかちゃんが初めて目にするファーストトイにあるように感じた。

あかちゃんが初めて手にするおもちゃ。
これは、親であれば当然悩むべきもので、
だけれども、選ばなければ容易に与えてしまうもののひとつかもしれない。

ウッディーモンキーお勧めのファーストトイはこちら。

DSCN7256

      スイスはネフ社のものだ。
オーナーの村田さんはこう言う。

「あかちゃんは始め、このガラガラを見るだけです。
けれど、少し成長すると、このおもちゃに手を伸ばし、その中の色を選びとり、
いずれは振って音を楽しみ、それを口に入れる。
そして、ガラガラを卒業して、今度は積木などに興味を持ち始める。
一方私たち親は、なかなかそのガラガラを捨てられず、
木のおもちゃの年月を経た味わいに、我が子の成長を思い、
オブジェのように棚の一角に飾っておく。
いわゆる、木のおもちゃはそういった子供の成長の証なんです」

「子供の成長の証」
一見、寡黙そうに見えるオーナーの木のおもちゃに対する熱い思いが、
この一言にあるようだ。

今の子供たちはいずれ、ピコピコしたものに触れざるを得ず、
教えなくても勝手に、パソコンを覚え、スマホを扱い、ゲームに夢中になるだろう。
それが悪いことだなんて言わない。
無縁の関係を結ぶこと自体、もう確実に無理だ。

けれど、自分自身の誕生とともに、両親が、
またあるいは、自分の誕生を心待ちにしていた人が、
そんな熱い思いで選んでくれた木のおもちゃが、傍らにあること。
大人になり、自分たちが親になる時、そっと取り出して、きっと感謝する日がくる。

そんな温かさに包まれた人生のスタートが、素晴らしくないはずがない。

木のおもちゃに派手さはない。子供の目をひくようなものでもない。
けれどそこには、人が忘れてはいけない、ぬくもりやあたたかさ。
そして、オーナーの言葉を借りるなら、

「子供の成長の証」

が、刻まれている。

因みに、ファーストトイを卒業した子供に次にお勧めのおもちゃがこちら。
DSCN7259


ウッディモンキーではネットショップもあり、外出がままならないママにもありがたい。
けれども、是非、実際に足を運んで自分の目で見て、触れて、感じて、選んでほしい。

店内の商品は、クリスマスまで10%オフのセールを実施中。
このクリスマスのプレゼントに、「成長の証」である木のおもちゃを。




WOODY MONKEY
<ウッディモンキー>
HP:http://www.woodymonkey.com/

この記事を書いた人:

マリア
この度、NewsPosboの記者に選んでいただきました、高槻市在住のマリアと申します。 現在3歳の男の子と0歳の女の子の子育て中で、まるでクレヨンの落書きのような毎日を過ごしております。 そんな毎日ですが、楽しいこと、おいしいこと、嬉しいことが大好きです!暮らしを心地よく整えることや、日々機嫌良く暮らすことが私のHappyです! 皆様に少しでも楽しんでいただけるよう、地域の隅々に目を配り、「チャリンコ・子連れ・ライター」として、楽しく、嬉しい情報を発信してまいりたいと思っております。 こんなブログをやっています。http://witchmaria.exblog.jp/ どうぞよろしくお願いします。
http://citylife-new.com/news/849.html