映画『ふしぎな岬の物語』を試写会で観た。


海を見下ろす岬で喫茶店を経営する女主人と、そこに集う人々の交流を描く映画。

監督は「八日目の蝉」の成島出。
主演女優は吉永小百合。

原作は、森沢明夫による小説『虹の岬の喫茶店』(幻冬舎)である。

第38回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞グランプリを受賞。
吉永小百合の慈愛を感じさせる存在感を中心にして、
思わず頬が緩む微笑ましいエピソードを適所に折り込み、
悲しみを抱えた人達が生と死を見つめて生きぬいてゆく再生の物語を味わい深く展開。

ハートフルなヒューマンドラマを味わえる。

CIMG0200

映画『ふしぎな岬の物語』/2014年10月11日(土)全国ロードショー
公式サイト

北摂では、109シネマズ箕面、イオンシネマ茨木、高槻アレックスシネマで上映。


この記事を書いた人:

AKIRA
フリーライター/ボイスライター/映画感想家/ガンバ大阪サポーター/車椅子ユーザーですが元気です!千里で市民グループ活動中。主な出没地は千里NT界隈、吹田スタジアム、箕面とエキスポの映画館!阪急電車、太陽の塔、北摂の穏やかな人情が好き! ★記事リストは↑の『AKIRA』をクリック!

HP: http://gambav8.citylife-new.com/


http://citylife-new.com/news/entertainment/12826.html