映画『ホビット 竜に奪われた王国』を試写会で鑑賞!


英国の作家J・R・R・トールキンによる名作小説「指輪物語」は『ロード・オブ・ザ・リング』3部作として映画化された。(2001〜2003年)

その前日譚「ホビットの冒険」が同じく3部作で映画化。

『ホビット 竜に奪われた王国』は1作目『思いがけない冒険』(2012年)に続く2作目である。


『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前を舞台に、ホビット族のビルボ・バギンズが魔法使いのガンダルフ、13人のドワーフと共に、竜のスマウグに支配されたドワーフの国を取り戻す冒険に出る。


美しい山脈、深い森林、雄大な景色が、一行の旅路を叙情的に支える。

ピンチの連続、
仄かなロマンチック、
ユーモアとスリリングの絶妙な配分で充実の見応えを満喫。

終盤に登場する威厳に満ちたドラゴンの存在感は必見。

手に汗を握って最後まで目が離せないファンタジー大作!

CIMG95372014年2月28日(金)より全国公開。

公式サイト

北摂では、109シネマズ箕面、イオンシネマ茨木、高槻アレックスシネマで上映。


この記事を書いた人:

AKIRA
フリーライター/ボイスライター/映画感想家/ガンバ大阪サポーター/車椅子ユーザーですが元気です!千里で市民グループ活動中。主な出没地は千里NT界隈、吹田スタジアム、箕面とエキスポの映画館!阪急電車、太陽の塔、北摂の穏やかな人情が好き! ★記事リストは↑の『AKIRA』をクリック!

HP: http://gambav8.citylife-new.com/


http://citylife-new.com/news/entertainment/4306.html