地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

エステティックグランプリ準グランプリの技術力
「アンジュ千里中央パル店」にエステ体験取材!

2019.10.01

2019年10月で20周年を迎えたアンジュは化粧品の製造販売を手掛ける株式会社アヴァンシアが運営するエステサロン。使用する化粧品のい質の良さとエステティックグランプリで顧客満足度1位、フェイシャル技術部門準グランプリの技術力が人気の実力店だ。

そんなアンジュが20年目の新メニューとして始めた「ニードルレスインジェクター」を今回は上田さん(41歳女性)協力のもと取材。北摂初導入となるこのマシンは従来の美容針とは異なり、針を刺さない。針の代わりに風速マッハ1.17のエアー注射で「ヒト幹細胞培養液」を皮膚の深部に届ける。

小瓶からヒト幹細胞培養液3種類の原液を一本まるごと抽出し、マシーンにセット。

長年の蓄積した汚れで毛穴が広がり、全体的にたるんでしまい実年齢より上に見えてしまう。スタッフさんが言うには40代女性の代表的な状態だそう。

「ニードルレスインジェクター」を使う前に、クレンジング専用マシン「セルキュア」で毛穴のクレンジング。多くの有名人も愛用するこのマシンでコットンに汚れを吸着させる。みるみるコットンが黒くなっていくと、肌にはツヤが。まんべんなく肌にツヤが出てきたら、次は毛穴を閉じながら先ほど取れなかった汚れをキャッチ。しっかり汚れを取ることで、「ヒト幹細胞培養液」が浸透しやすくなるのだとか。

次は「ニードルレスインジェクター」で鎖骨や首などのデコルテからエアー注射を打っていく。小瓶まるごと一本でデコルテからフェイシャル、髪の生え際まで全てに培養液を打ち込むことができる。

「痛みは感じません。ただ最初は風が強く少し痛く感じる方もいるかも」と上田さん。風の力で骨の僅かな歪みも整えてしまうので、美容整形を考えていたゲストが「ニードルレスインジェクター」の体験を受けて考えを変えたこともあるのだそう。

エアー注射の凄さがわかる!

「ヒト幹細胞培養液」一本を打ち終えたら次はパックを。パックはゲストの肌に合わせて数種類用意されている。この日使用した海藻パックは肌の鎮静と保湿効果があり、唇までしっかりと潤いを。


パックで細かな汚れがとれる。固まったパックでシワや肌のきめ細かさを知ることができるので、フェイシャルメニューには欠かせない工程。

パック後は「炭酸×ヒト幹細胞培養液」を贅沢に使用したレジュビオで仕上げる。

アンジュを運営する株式会社アヴァンシアは、数多くの化粧品の製造販売を手掛けており、その中でも「エクラビオ エレキミスト」は雑誌にも取り上げられる看板商品。「レジュビオ」はそんな「エクラビオ」と並ぶ主力商品で炭酸作用効果作用で肌で巡りを高め、肌の隅々までアプローチすることができる。

60分の施術を1回受けただけで、デコルテから目の周り、顎がすっきり、くっきりと。

施術前               施術後

また、顔全体のトーンも明るくなり若く見える。

今回取材協力していただいた上田さんは「お手入れをしていなかったせいで角質が厚く、硬くなり、毛穴が広がっていました。そんな肌が1時間でもちもち柔らかくなり化粧乗りが全然違います。また、アンジュのエステは美容皮膚科と違いクレンジング→マシーン施術→パックの選定→仕上げと責任をもって寄り添ってくれるので、内容的にも断然効果的でお得だと思います」と話す。

12月まで20周年記念キャンペーンを実施中。

アンジュ千里中央パル店

住所
豊中市新千里東町1-3  せんちゅうパル専門店街4F
電話番号
0120-424-010
HP
営業時間
[平日]10時~21時 [土]10時~20時[日]10時~18時~
定休日
月曜日 / 第3日曜日

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP http://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。