地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

【阪神神戸】トマト&カボチャ 秋の2大スター食材

2019.10.02

ハロウィンの主役カボチャ。飾り付けだけではない、あらゆる顔を持つカボチャ料理の魅力を感じてください!

【体に優しく美味しく 栗マロンカボチャの玉手箱】

スペシャルパフェ 990円

上質な甘みやうまみとホクホク感が特徴で、収穫数が少ないことから“幻のカボチャ”とも言われる「栗マロンカボチャ」を使ったスイーツ専門店。ドーナツやソフトクリームなど、スイーツ全部を乗せたパフェは、素材の魅力を色んな形で楽しめる逸品。ほぼ無添加で体にも優しい同店で、栗マロンカボチャを味わい尽くそう。

パフェのトッピングでもあるドーナツは、カボチャを皮ごと生地に練り込んでいて濃厚な味わい。パフェはカスタマイズ可能なので、オリジナルパフェにも挑戦してみて。

パフェのトッピングでもあるドーナツは、カボチャを皮ごと生地に練り込んでいて濃厚な味わい。パフェはカスタマイズ可能なので、オリジナルパフェにも挑戦してみて。

SPECIALTY PUMPKIN ZUCCA〈スペシャルティ パンプキン ズッカ〉
神戸市中央区三宮町2-9-13 営/11時~19時 
水曜定休 店内禁煙
TEL 090-1817-8495
Instagram @specialty_pumpkin_zucca

【野菜の魅力を発見できる 新感覚のカボチャフォンデュ】

丸ごとカボチャのチーズフォンデュ 1,408円(2人~)

「野菜の新しい発見をしてほしい」と、近郊農家中心に様々な野菜を取り入れた料理を提供。カボチャを器にしたチーズフォンデュは、朝採れの野菜にソーセージや魚介、お代わり自由のパンとチーズがつく。食べ終わったら、選べるソースと「追いチーズ」でオーブン焼きに。食べ応え、栄養もたっぷりで大満足!

ランチ、ディナーともについてくる「野菜マルシェ」は、10種類以上の新鮮野菜やパンが食べ放題。そのまま食べるもよし、フォンデュにつけるもよし。

八百屋カフェ SANNOMIYA
神戸市中央区下山手通2-2-9 ライトハウス6F 
営/11時~14時(L.O.13時半)、金土祝前日17時~24時(L.O.23時)、
日~木・祝日17時~23時(L.O.22時半) 無休 禁煙
TEL 078-332-3316
Instagram @yaoyacafe_sannomiya

【10月限定の甘い誘惑 手のひらサイズのカボチャスイーツ】

かぼちゃのクリームブリュレ 858円

阪神西宮駅に直結するショッピングモール「エビスタ西宮」内にある同店。契約農家から仕入れた有機野菜や果物を使った料理、デザートが豊富に揃う。10月限定で登場する「カボチャのクリームブリュレ」は、手のひらサイズのカボチャが器に。きび砂糖や三温糖を使用し、素材の甘味を活かす優しい味付け。添えられた塩味のかぼちゃチップスも良いアクセントに。

器として使われるぼっちゃんカボチャ。初旬以降はバターナッツカボチャなどに変更予定なので、色々なカボチャを楽しもう。

TIERRA LUZ VIENTO〈ティエラ ルス ビエント〉
西宮市田中町1-6 エビスタ西宮3F 
営/11時~23時 無休 禁煙
TEL 0798-23-3089

【レトロお洒落な空間で 自家焙煎コーヒーとやみつきホットサンド】

パンプキンホットサンド 700円

大阪、兵庫で現在5店舗展開しているお洒落カフェ。オリジナルブレンドの自家焙煎コーヒーと、お手製サンドイッチを始め、クッキーなどの焼き菓子やデザートが楽しめる。秋にぴったりの「パンプキンホットサンド」は、カボチャの食感を残したピュレに、炒めた玉ねぎを加えてコクを出す。たっぷり挟まれた具材は塩胡椒が効いて一度食べるとやみつきに。

MONDIAL KAFFEE328 Diamond cross
〈モンディアルカフェ サンニハチ ダイアモンドクロス〉
西宮市甲風園1-9-3プラザビル1F
営/平日、日祝8時半~21時(L.O.20時半)金土祝前日8時半~22時半(L.O.22時)
不定休 禁煙(店外の4席のみ喫煙可)
TEL 0798-64-7700
Instagram @mondialkaffee328diamondcross
  ------------------------------
ご存知ですか?10月10日は「トマトの日」。夏の太陽を浴びて育った、美味しい秋獲りトマトを味わってください。

【フレンチシェフが腕を振るう 素材にこだわる和洋食店】

鶏とトマトのアヒージョ 850円

フレンチ出身のオーナーシェフが織りなす本格料理をバルの雰囲気で楽しめる同店。料理に使う素材は、シェフの確かな目利きで選んだ新鮮なもの。中でも、「鶏とトマトのアヒージョ」は複数あるアヒージョメニューの一番人気。日替わりのトマト3種と、朝引きの丹波産地鶏を、にんにくとローズマリー風味の熱々オイルに絡めて召し上がれ。

この日のトマト3種は静岡産で高糖度の「アメーラトマト」とミニトマトの一種「アイコトマト」、黒っぽい色が特徴の「ゼブラトマト」。

欧和食ライン
神戸市東灘区田中町3-4-1 ジャムコビル1F
営/11時半~14時、17時半~21時 水曜、日曜昼定休(前日までの予約で営業)
喫煙可(20時以降)
TEL 078-803-8558
Instagram @rhein.official

【キュートな野菜料理が豊富に揃う 個性あふれる真っ赤なグラタン】

まるごと!トマトのグラタン 1個680円 ※単品で注文の際は要予約

野菜が主役のヘルシー料理が豊富に揃う同店。キュートな盛り付けと、駅近で気軽に立ち寄れる雰囲気が人気を呼んでいる。大玉の桃太郎トマトをくり抜いた「まるごと!トマトのグラタン」は、手作りのホワイトソースにエビや季節の野菜を加え、チーズを乗せてオーブンで焼き上げる。思わず撮りたくなる、ユニークなグラタンをぜひ。

10月~4月限定。トマトやブロッコリーなどと豚肉を自家製のトマトソースで煮る。

【苦手な人にこそオススメ 濃厚すぎる完熟トマトジュース】

トマトの中のトマト 500ml 1,728円、1,000ml 3,240円

高級フードコートとも言える「フードホール」日本元祖の店。シェフが作るデリと、バイヤーが厳選した調味料や加工品が並び、他ではお目にかかれない珍しい商品もたくさん。一番人気の「トマトの中のトマト」は、甘くて濃厚なトマトのうまみが凝縮。「トマトジュースは苦手だけど、これなら飲める」という人も多数。最後の一滴まで、トマトのうまみを飲み尽くして。

使用するトマトは、社長がほれ込んだ北海海・奈井江町の農家から仕入れる。3種類をミックスして甘みと酸味が程よく合わさる。あまりの人気に年末には売り切れる可能性も。

GRAND・FOOD・HALL!〈グランド フード ホール〉
芦屋市東山町6-6 営/10時半~20時(日祝は18時まで) 
月曜定休 禁煙
TEL 0797-35-2020
Instagram @grand_food_hall

【異色のタッグが実現 そば粉とトマトのコラボレーション】

ガレット トマトとアンチョビ オレガノ風味 1,628円

オーナーは手打ち蕎麦屋が母体のカフェ出身。こだわりの粗挽き蕎麦粉で作るガレットは、パリパリとモチモチの食感がほどよくミックス。「トマトとアンチョビ オレガノ風味」は、輪切りトマトとアンチョビの塩味が、チーズと玉子に程良くマッチ。そば粉とトマトのオリジナリティあふれる、異色のガレットをぜひ味わって。

芳ばしい香りで風味が増す粗挽きの富山県産蕎麦粉と、弾力があり濃厚な鹿児島県産の赤玉子が、みずみずしいトマトの酸味と合わさり、まろやかで深みある味わいに。

LE66 PLATABLE〈ルロクロク プラターブル〉
西宮市甲風園1-6-11 AIFビル1F 
営/11時半~16時、18時~24時 水曜定休 
喫煙可(ランチのみ禁煙)
TEL 0798-67-5315
Instagram @le66platable

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP http://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。