地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

マスターズ甲子園2019 大阪代表はPL学園に決定

2019.10.03

写真上)出場決定で笑顔を見せる桑田氏(左)と中村順司監督(右)。

 

マスターズ甲子園2019の大阪代表決定戦が8月31日に行われ、PL学園OBが11-5で茨木市の春日丘OBを下した。勝利が決まるとスタンドからPL学園校歌の大合唱が。グラウンドの選手も共に歌い、出場を喜んでいた。1985年以来となるPL学園のユニホームで4番・投手として先発出場した桑田真澄氏(51)は「校歌を聞いて涙が出そうでした。あちこち体が痛いが、ベストを尽くせました」と笑顔を見せた。今春OB会長となった桑田氏は、2016年夏から休部している野球部復活を願い、マスターズ甲子園の挑戦を決めた。この日は50人のOBが集まり、ベンチ入り。本大会は11月9・10日甲子園球場で開催、PL学園は9日に群馬代表の利根商OBと対戦する。

スタンド前に整列し、校歌を歌う選手たち。

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP http://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。