地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

「大阪パフェ」が11/9(土)・10(日)、 万博記念公園で開催

2019.10.24

兵庫県西宮市出身の月亭方正さんは、24年間住み慣れた東京から、落語家になるため大阪に移住。3児の父となり、大人も子どもも楽しめるイベントを! という想いで、たむらけんじさんとプロデュースするのが「大阪パフェ」だ。開催に向けての想いをうかがった。

「音楽イベントをやりたい」。そこから始まって、どんどん広がっていった。

意外と知られていないが、方正さんは自身で作詞作曲もする音楽好き。「MBSラジオで音楽の特番をやらせてもらった時に、いろんなバンドに会って刺激を受けて〝音楽イベントがやりたい〟って思ったんですよ。それをたむ(たむらけんじさん)に話したら、〝やりましょうよ! じゃあ、僕のおすすめのグルメも入れていいですか?〟ってなって。それで場所を探してたら、いろんなタイミングが重なって、万博記念公園でやらせてもらえることになったんです」と方正さん。

ステージにはアーティストと、よしもとならではのお笑い芸人が登場する。「スキマスイッチやファンキー加藤、yaiko(矢井田瞳)、ET-KING、純烈、NMB48など、人気も実力もあるアーティストがステージを盛り上げてくれるのが、今から楽しみです。僕もこのイベントのためにテーマ曲を作って、たむと組んだユニット『Tam-ho(- タム・ホー)』で披露します」と意気込む。そして、もうひとつの見どころが、ダイアンや和牛、霜降り明星、EXITなどが登場するお笑いステージだ。「すごいでしょ? いやこれはもう、吉本が本気出したなって。今をときめくメンバーがほぼ勢ぞろいですよ。この人らが出てくれたらいいなぁって思っていたのが全部叶ったんで、僕も驚いています」。

大阪に恩返しを…という想いと、子どもも楽しめるイベントにしたい

現在51歳の方正さんだが、40歳の時に落語の世界へ。月亭八方師匠に弟子入りし、2013年1月1日に月亭方正に改名。「落語家になるために、大阪に戻ってきた時、周りの人がすごく温かく迎えてくれたんです。たむも1回都落ちして、大阪に救われたという想いが強い。このイベント名の『大阪パフェ』もみんなで考えて、たむが出した案なんですけど出た瞬間、“ああ、それや! いろいろ盛りだくさんな感じもあってええやん”って即決でした」と方正さん。

そして、驚いたのがチケット。前売り1日券7,000円だが、その大人ひとりに対して、子ども(小学生以下)が3人まで無料でステージ会場(お祭り広場)に入れるのだ。「僕も、家族でいろいろ行きますけど家族でどこ行ったら楽しいねん?と考えてみると、どこっていうのは特別無くて、子どもが楽しんでくれたら楽しいんですよね。だから、大阪パフェでは、お子さんが楽しめるコンテンツも企画しています。しかも大人ひとりにつき、子ども3人まで無料って太っ腹でしょ?これもねぇ、たむが絶対3人にしたいって。このイベントはそれぞれがやりたいことは、基本的には却下無しで進めています。

あと、下の広場で展開するフードエリアはたむがオススメする一流グルメが出展します。アメリカ・ボストンでしか食べられない【TSURUMEN】とか、〝絶対味覚を持つシェフ〟として有名な元川シェフの創作料理店【Genji】など。たむもこういった野外でのフードイベントは初めてらしく、めっちゃ気合い入ってます」と語る。そして同じく、下の広場で行われる小学生対象の『よしもとスポーツパーク』にも注目。「バレーボールは大林素子さん、サッカーは平山相太さんや近藤岳登さん、ほかにもかけっこや野球、相撲など、その道のプロが直接指導してくれる(定員各30名/事前申込み制/締切10月28日)またとない機会です。おいしいもん食べて、ライブやお笑いで盛り上がれる2日間にしますので、皆さん、ぜひ遊びに来てくださいね~」。

 

【PROFILE】 月亭方正(つきていほうせい)/落語家。1967年生まれ、兵庫県西宮市出身。テレビでの活躍はもちろん、天満天神繁昌亭で落語家として寄席にも出演。「万博記念公園は家からも近いんで、家族と一緒に遊びに行きますよ」。

 

 


「大阪パフェ」詳細はこちら
https://www.osakaparfait.com/

同日開催!「チーズEXPO」詳細はこちら
http://cheese1expo.com/

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP http://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。