地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

新たなみんぱくのシンボルを クラウドファンディングで寄附金募る

2019.11.30

民族学の博物館として世界最大規模の国立民族学博物館(以下みんぱく)。その象徴のひとつとして、みんぱく屋外にカナダ先住民のアーティストの手によるトーテムポールを展示している。42年前のみんぱく開館時に制作されたもので、以来みんぱくの顔となってきたが、2017、18年の台風被害により傷みが目立ち始めてきた。トーテムポールは修繕などを行わず、朽ちるままに置いておくのが現地の習わしだという。そこでみんぱくは、2024年に創設50周年を迎えるのを機に、新たなトーテムポールの制作を計画。新しいトーテムポールの制作にはクラウドファンディングで寄附金を募るという。目標金額は3,000,000円、寄附は12月26日(木)23時までとしている。

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP http://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。