記憶を失くした男の体には、歌が残っていた。「味園ユニバース」 高槻アレックスシネマで上映中(その2)


その1のつづき)
赤犬はメンバーそれぞれがほかの仕事を持ち、ライブのときに集まる「週末ヒロイン」形式で活動しているバンドだということが映画の中で分かるが、この「しょうもないおっさん達」がかっこいい。イベントのギャラとしてもらえるのが小銭だけでも、舞台上でレオタード着てしょうもないことしてても、かっこいい。それは、売れることを目標に音楽をしているのではなく、音楽すること自体を目的としているから、かっこ悪くてもかっこいいのだと思う。

涙が出るほど大きな感動、というよりは「人が生活の中で一歩踏み出そうとする場面」を静かに見守るような気持ちで見た。「自分は誰なんだ」「俺ってなんなんだ」と苦悩するポチ男。自分の世界で生きることに一所懸命なカスミ。二人は映画の中だけじゃなくて、どこかで本当に生きていると思える。
P2172671 大阪府内に住んでいても、なかなか体験することのない「濃い大阪」の追体験ができるような映画。ライブシーンもあるのでぜひ映画館でどうぞ。高槻アレックスシネマは館内でスタッフ手作りPOP掲示板があり、ただいま(2/17現在)アカデミー賞予想の掲示があるので要注目!

味園ユニバース 公式HPはこちら

高槻アレックスシネマ
<タカツキ アレックスシネマ>
大阪府高槻市芥川町1-2 アル・プラザ高槻5F
TEL:072-684-8088
HP:http://alex-cinemas.com/takatsuki/index.html
アクセス JR高槻駅より直結
駐車場 提携先:高槻市立 高槻駅北地下駐車場 アレックスシネマにて当日2,000円以上ご利用の場合、2時間無料
関連地図

この記事を書いた人:

しず子
北摂に引っ越して早6年目、2児の母。最近は、子どもを連れて遊びに行ける(自分が楽しむ)イベントを探し求めています。映画とラジオが大好物。
http://citylife-new.com/play/18861.html