ホーム最終戦!ヴィッセル神戸VS松本山雅FC


11月7日(土)今季ホームでの最終戦となる、J1リーグ2ndステージ第16節 ヴィッセル神戸VS松本山雅FC戦@ノエビアスタジアム を観戦した。

松本山雅は残り2試合を連勝し、新潟が連敗しないとJ1残留できないという崖っぷちの状態。神戸は前節、J1残留を決めており、何が何でもと勝ち点3を奪いに来る松本山雅とどう対峙するか、モチベーションが難しい戦いとなった。

松本からも残留を信じて約3000人のサポーターが詰めかけた!

松本からも残留を信じて約3000人のサポーターが詰めかけた!



勝つしかない松本山雅は、試合開始から激しいハイプレスでピッチを走り回り、神戸の攻撃の芽を摘んでいく。前半42分にCKから阿部のヘッドで先制した松本山雅。さらに前半終了間際に得たPKを神戸・渡邊が外してしまい完全に松本山雅ペース。後半は再三のチャンスを作りながら決めきれない松本山雅。前線が孤立してゴールに迫れない神戸という構図だったが、松本山雅の足が止まり始めた85分、ゴール前で渡邊からのパスを森岡が決めて同点。さらにアディショナルタイムに入った93分には、ペドロジュニオールが逆転ゴールを決めた。

ゴールのペドロジュニオールがベンチ前でもみくちゃにされる。

ゴールのペドロジュニオールがベンチ前でもみくちゃにされる。



劇的勝利に湧き上がる神戸サポーター。降格が決まり静まり返る松本山雅サポーター。明暗がくっきりと分かれたゴール裏の様子が印象的だった。しかし、がっくりうなだれる松本山雅の選手たちにサポーターからはこの日一番の「松本山雅コール」が送られ最後まで拍手が止むことがなかった。

下を向いてピッチを後にする松本山雅の選手たち

下を向いてピッチを後にする松本山雅の選手たち



前節では山形に、今節は松本山雅に勝利してノエスタで両者をJ2降格させる形になった神戸。勝負の世界では捨て身で挑んでくる相手を蹴落とす快感があるだろうが、目の前で降格に泣く選手やサポーターを見るとやりきれない思いが先に立つ。過去に2度のJ2降格を経験し、その後も残留争いに巻き込まれることの多い神戸サポーターにとては、あと2、3試合負けが込んでいたら、両者の姿はそのまま我々の姿だったからだ。しかし、神戸がJ2から幾度も這い上がってきたように、山形、松本山雅の両クラブもまたきっとJ1の舞台に戻ってくるだろう。再びの対戦を楽しみにしたい。


この日はホーム最終戦ということで、試合後ピッチに全選手スタッフが勢ぞろいして挨拶を行った。シーズン前、リーグ戦優勝争いを口にしていたが一度も上位に絡むことなく残留争いに巻き込まれた。ゴール裏には「変えられなかった残留スタイル」という厳しい横断幕も掲げられた。ナビスコ杯では初のベスト4入り。天皇杯も今のところベスト16に進出しているが、ファン・サポーターは決してこの成績に満足していない。

ゴール裏にはこんな横断幕が掲げられた

ゴール裏にはこんな横断幕が掲げられた



最後に選手と共に歌った「神戸讃歌」は、天皇杯横浜Fマリノス戦(14日・ノエスタ)、今季最終節浦和戦(22日・埼スタ)へ向けてのエールだ。天皇杯のタイトル奪取の望みはつながっている。まだまだ神戸の戦いは終わらない。


共に「神戸讃歌」を

共に「神戸讃歌」を




【ヴィッセル神戸オフィシャルサイト】 http://www.vissel-kobe.co.jp

ヴィッセル神戸・ノエビアスタジアム神戸
<ゔぃっせるこうべ・のえびあすたじあむこうべ>
〒652-0855
神戸市兵庫区御崎町1-2-2
TEL:078-652-5656
アクセス 市営地下鉄海岸線「御崎公園駅」より徒歩5分
関連地図

この記事を書いた人:

HITOMI
火の国熊本出身で、神戸に暮らして約20年。通信制の作文教室「言葉の森」の講師をしています。ヴィッセル神戸の熱烈サポーター!ホームは全試合スタジアム観戦。アウェーにも参戦します。スポーツ観戦と雑貨店巡りが大好き。神戸の魅力をたくさん発信していきたいと思います。よろしくお願いします。
http://citylife-new.com/play/event/30695.html