国立国際美術館でクレオパトラと王妃に魅せられたら、堂島ホテルで『エジプト』を味わい尽くそう!


中之島の国立国際美術館にて開催中の「クレオパトラとエジプトの王妃展」(12月27日まで)もう行きましたか?
堂島ホテル1階のダイニング「THE DINER」では開催記念の
タイアップメニューを提供してますよ

王妃や女王達をイメージしたオリジナルケーキ「ジャウハラ」

表面はキャラメルグラサージュ

表面はキャラメルグラサージュ


「クレオパトラとエジプトの王妃展」では古代エジプトの歴史のなかで大きな役割を果たした女性たちに焦点をあてています。夫の死後、王として君臨した女王ハトシエプスト。王に嫁いだ王妃ティイや、絶世の美女として知られた王妃ネフェルトイティ。そして、古代エジプト最後の女王となったクレオパトラ(クレオパトラ7世)などはその代表例。
そんな王妃や女王達にまつわる品々が、パリ・ルーヴル美術館、ロンドン・大英博物館、ベルリン・エジプト博物館など14カ国の名だたる美術館・博物館の所蔵品を中心に集められ、貴重な名品の数々が一堂に会す古代エジプトの粋を集めた展覧会です。

中はアーモンドとはちみつのムース、 三層になっている部分は下から、キャラメルミルクチョコムース、グリオットチェリーのジュレ、ピスタチオのババロア(中にグリオットチェリーのキルシュ漬け)

中はアーモンドとはちみつのムース、
三層になっている部分は下から、キャラメルミルクチョコムース、グリオットチェリーのジュレ、
ピスタチオのババロア(中にグリオットチェリーのキルシュ漬け)


キャラメルの内側にはこんなに凝った味が秘められてるなんて、さすが堂島ホテルのパティシエ!

他にも古代エジプトですでに行われていたといわれるビール醸造、
当時使用された小麦を使い現代に甦った「ナイルビール」、
エキゾチックな風味が癖になるエジプトの定番料理、豆のコロッケ「ターメイヤ」など
展覧会の開催記念メニューを提供しています。

目だけでなくお腹もエジプトで満たしながら
悠久の地に思いを馳せてみませんか。

http://www.dojima-hotel.com/news/detail.php?id=328

※開催記念メニューはカフェタイム、ディナータイム限定での提供。
※貸切等により開催していない場合もあり(12/23、24、25は開催しておりません)
※観覧券ご提示で10%の割引きのメニューもあり

堂島ホテル「THE DINER」
<ドウジマホテル「ザ・ダイナー」>
〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-1-31
TEL:06-6341-3000
HP:http://www.dojima-hotel.com/restaurant/diner/index.html
営業時間 6:30~23:00
モーニング 6:30~10:30 LO
ランチ 11:00~15:00 LO
カフェ 15:00~17:00
ディナー 17:00~23:00
フードLO
ドリンクLO 22:00
22:30
※LO(ラストオーダー)
アクセス JR北新地駅、地下鉄西梅田駅より徒歩7分
JR大阪駅、各線梅田駅より徒歩10分
京阪電鉄中之島線渡辺橋駅より徒歩5分

JR新大阪駅より車で約15分
阪神高速環状線土佐堀出口より3分
四つ橋筋を北上し、堂島川を超えて二つ目の信号を左折
駐車場 有(ご利用に応じた料金:詳細はHP)
関連地図

この記事を書いた人:

茉緒
箕面在住。幼少時期は豊中で育つ。 好奇心あふれ過ぎてあれこれ首突っ込んで、人生満喫中。 グルメ・スポーツ・旅行・アンチエイジングに重きをおく。 弱点は機械オンチに方向オンチ。
http://citylife-new.com/play/event/32395.html