真田丸で盛り上がる大阪城で櫓が特別公開中


放送開始とともに好評の今年の大河ドラマ「真田丸」。
真田幸村最期の地となった大阪も盛り上がりそう。

大阪で真田家ゆかりの地として、まず思い浮かぶのは大阪城。
「真田丸」放送開始の1月から、
普段は立ち入ることができない櫓が特別公開されている。

まずは大手橋から場内入るとすぐの
大手口多門櫓。
徳川幕府により寛永5年(1628)に建造、その後消失後
幕末に再建された建物。
yaguraP1090185
内部は思ったより広い。
武者走り(廊下)があり、兵士が駐屯できる場所もある。
yaguraP1090184
資料も展示されている。
yaguraP1090181
侵入した敵を攻撃する「槍落とし」も興味深い。
yaguraP1090183


続いて大阪城内に残る建物の中では最も古い建造物である、
千貫櫓。
yaguraP1090191 元和6年(1620)から始まった江戸幕府による再築工事の初年の建物。

床材からも古さがわかるそう。
yaguraP1090188
二階もある構造になっている。
P1090189


最後は西の丸庭園奥、江戸幕府の火薬貯蔵庫であった
焔硝蔵。
yaguraP1090194 湿気を防ぐため壁、天井、床のすべてが石で作られている。
yagura 1090192

大坂夏の陣により落城したため、真田幸村が生きた時代のものは残っていない。
しかし千貫櫓などは落城から5年後の建物。
幸村が活躍した時代に近く、当時に思いを馳せることができる。
公開は平成28年 6月5日(日曜日)まで。
この貴重な機会をお見逃しなく!

開催日時 2016年 01月09日(土) ~ 2016年 06月05日(日)
10時から16時30分まで 
月曜日定休(月曜日が祝日の場合は翌日)
参加費・入場料 櫓共通券(多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵、3棟分の入場料)
大人(高校生以上) 700円
小人(中学生以下) 300円
※未就学児、障がい者手帳等ご持参の方は無料
セット券1,200円(3棟+大阪城天守閣入館料)
大人(高校生以上) 1,200円
天守閣の入場料は、大人600円 中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料
会場 大阪城公園西の丸庭園前券売所 ≫会場Webサイト
アクセス •地下鉄谷町線:谷町四丁目駅(1号-B出口)、天満橋駅(3号出口)
•地下鉄中央線:谷町四丁目駅(9号出口)、森ノ宮駅(1号出口、3号-B出口)
•地下鉄長堀鶴見緑地線:大阪ビジネスパーク駅(1号出口)、森ノ宮駅(3号-B出口)
•JR大阪環状線:大阪城公園駅、森ノ宮駅
•JR東西線:大阪城北詰駅
•京阪電車:天満橋駅、京橋駅
•市バス:大手前、馬場町
•大阪水上バス:大阪城港、八軒家浜船着場
 ※いずれの駅からも徒歩約15分から20分
お問合せ 大阪城パークセンター06-6755-4146
関連地図

この記事を書いた人:

いく
近場エリアのちょっとしたお出かけの中で見つけた美味しいもの、楽しいこと、たまにマニアックなネタ・・日々の生活に小さなワクワクを与えてくれる発見をお伝えしていきたいです。
http://citylife-new.com/play/event/34388.html