手から手へ展~絵本作家から子どもたちへ 3.11後のメッセージ~京都国際マンガミュージアムで開催中!


現在、「手から手へ展」が京都国際マンガミュージアムで開催中です。

本展は、日本の絵本作家たちが「3.11後の世界から私たちの未来を考える」というテーマで国内外の仲間たちに呼びかけて作品を募った展覧会です。2012年3月、イタリアのボローニャを皮切りにヨーロッパ5ヶ国を巡回し、2013年新たな呼びかけに応えてさらに多くの絵本作家が参加。総勢7か国110人の描き下ろし原画作品を展示し、未来を生きる子どもたちへの想いを伝えます。

参照:京都国際マンガミュージアム公式サイト


テーマに惹かれて、さっそく行ってきました。

原発事故をテーマにした少しドキッとするような作品から、未来への希望が溢れる作品までありました。
それぞれの作家さんによって、それぞれのメッセージがあり、作品に添えられたカードも読み応えがありました。

個人的には、「あの絵本の作家さんだ!」と見つけることも楽しかったです。

同展覧会の開催はまだまだ続きます。
絵本作家たちの想いに触れに行ってみてはいかがでしょうか。

開催日時 2014年 03月01日(土) ~ 2014年 05月18日(日)
10:00-18:00(最終入館は17:30)
参加費・入場料 無料
※ミュージアムへの入場料(大人800円)は別途必要
HP http://handtohand311.org/index.html
会場 京都国際マンガミュージアム 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) ≫会場Webサイト
アクセス 京都市営地下鉄 烏丸線・東西線 烏丸御池駅下車
お問合せ 075-254-7414(代)
関連地図

この記事を書いた人:

hana
岩手県盛岡市出身、吹田市在住の一児のママ、北摂ビギナー。 「子どもを遊ばせにどこに行けば良いのだろう」「子どもを連れていけるお店はどこだろう」そんな自分自身の経験をもとに、子育て世代に有意義な情報を中心に提供できたらと思っています。 LOVE:美味しいもの、動物、北欧インテリア、雑貨
http://citylife-new.com/play/event/4337.html