見逃せない1年間!60周年の池田「逸翁美術館」


阪急電車から宝塚歌劇まで、現在に至る関西の商業、文化の礎を築いた小林一三。
逸翁の雅号を持つ茶人、文化人としても知られ、様々な美術品を蒐集した。
実業家としての修業時代から培われた、確かな審美眼で選び抜かれた逸品の数々は、現在、逸翁美術館に収蔵されている。
2017年は、逸翁が没し、逸翁美術館が開館して60年というメモリアルイヤー。
開館60周年記念展として、ジャンルに分けた6つの展覧会からなる「逸翁美術館 開館60周年記念展」が開催されている。

「第一幕 THE 書 ~数寄者が集めた古筆、お見せします~」では重要文化財、重要美術品を含む、貴重な古筆作品の数々を展示。
墨と紙というシンプルな素材に宿る、驚くほど奥深い美は、長い時を経て観る者の心をとらえる。
工夫を凝らした料紙にも当時の美意識が現れ、興味深い。

佐竹本三十六歌仙切



堺色紙



谷水帖



「第一幕 THE 書 ~数寄者が集めた古筆、お見せします~」は5月28日まで。
続いて、「第二幕 開け!絵巻」、「第三幕 茶の湯道具始 -ようこそ収集家の世界へ!-」、「第四幕 ひねもす蕪村 絵と俳句」、「第五幕 応挙は雪松、呉春は白梅」、「One more 未来につなぐ 和の意匠(デザイン)力」が開催予定。
美術ファンならずとも一見の価値がある作品に触れる、絶好の機会となりそう。

茶室やカフェ、コンサートなどが開かれるホールも有り、端正な品格が漂う逸翁美術館は、良質な時間を過ごせる場所となっている。

逸翁美術館
<いつおうびじゅつかん>
池田市栄本町12-27
TEL:072-751-3865
HP:http://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/
営業時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 展覧会会期中の月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
アクセス 阪急宝塚線 池田駅から徒歩約10分
駐車場 22台(無料)
関連地図

この記事を書いた人:

いく
近場エリアのちょっとしたお出かけの中で見つけた美味しいもの、楽しいこと、たまにマニアックなネタ・・日々の生活に小さなワクワクを与えてくれる発見をお伝えしていきたいです。
http://citylife-new.com/play/event/52516.html