第83回 関西オープンゴルフ選手権  @城陽カントリー倶楽部


今季も既に、男子プロゴルフ界は4月に国内戦は開幕し2017年度がスタートしていますが
関西地区での開催は、年に複数回あり、今年は2大会が開催されますが、そのうちの1試合、
『第83回 関西オープンゴルフ選手権』が今日から4日間開催され、
“ようやく開幕したなぁ~”という気分に浸っているKONです。

青空のもとで開催されました!芝の香りもよく気持ちよかったです!!!!!



『関西オープンゴルフ選手権』という大会は、日本最古のオープンチャンピオンシップ。
歴史を少し紹介しますと・・・
関西ゴルフ連盟が発足したのは1926(大正15)年、そう今から91年前の10月7日。
その1ヶ月後の11月7日に、連盟主催による、我が国最古のオープンチャンピオンシップと
いうべき「第1回関西オープンゴルフ選手権」が茨木カンツリー倶楽部で開催されました。

〃関西〃と大会名についているだけあって、毎年、開催コースが変わります。
今年の大会は、京都のコースですが、京都の他、大阪、兵庫、和歌山のゴルフ場が
毎年、大会使用コースとなっています。

プロの皆さんはクラブハウスに入ると寄せ書きにサイン!!!!!



私KONは、2009年に宝塚ゴルフ倶楽部新コースで開催された大会時に、
地元FM宝塚でパーソナリティをしていたので、自分の担当番組内でスポーツコーナーを
もっていたので、現場のゴルフ場まで局から徒歩10分で駆け付けて取材をさせて貰い、
藤田寛之プロが優勝された時にインタビューをさせて頂いてから、ゴルフ取材の縁を頂き、
現在に至っています。

藤田プロは今日もホールアウト後に、ファンサービスを丁寧にされていました。



昨年の秋に開催されたツアー以来、久しぶりのゴルフ観戦。
天気も良く、風のほどよく涼しく吹き、絶好のゴルフ観戦日和でした。

今回の大会では、ものすごくファンサービスを徹底されています。
会場内でのギャラリープラザでのイベントや販売促進はもちろんですが、
入場券に食事券のサービス券がついていたり、グッズが当たるお楽しみ抽選券を
配布したり。

そして、ファンの皆さんは、コレが1番嬉しく、楽しみにされているサービス
だったのでは???と思うのが、「ふれあい広場」の開設。

ファンサービスエリアが設けられました。大会用の撮影も!



ご自身のスマホを係りの方にお願いすると記念撮影をパチリ!!!



ファンの方はもちろん嬉しい笑顔ですが、プロも素の様子、お人柄が出ますね。



撮影エリアは、この「ふれあい広場」でプロからの優しくあたたかいファンサービスを
提供していただき、練習場や試合中(コース)は、今まで同様に撮影はNGなので
マナーを必ず守ってくださいね。
約束事としてマナーを守らないと、やはり、このようなファンサービスが出来なくなる
事も懸念されますから、絶対にマナーは守りましょうね。

試合中の様子も紹介しましょうね。
今大会は、ツアープレーヤー(プロ)126名、アマチュア24名のあわせて150名が
頂点の優勝をめざしてアツイ戦いが繰り広げられていました。

スタートは朝7時に1番ホールと10番ホールから第1組・13組の各組3名(3名1組)が
コースに出陣!!!そのあと、10分毎に各組がスタートしていきます。
予選ラウンドの2日間は、プロの中に、アマチュア(高校生もいます!)が入っている組が
あり、プロが優しくアマチュアに話しかけられて緊張をほぐしてあげたり、またシニアでも
活躍されているプロがご自身の年齢も3分の1くらいの年齢の方(おそらくご子息の年齢に
近いと思われます)のプロと同組でまわられ、ナイスプレイが出ると積極的に褒める言葉と
あわせて優しく声をかけられている様子も見れたりするので、真剣勝負の中にも、
あたたかい空気が流れている様子も見れました。
※予選ラウンドだけでなく、もちろん決勝ラウンドでもアマチュアがプロと同組で
まわられる事も多々あります。

TOP画像は第1組の3選手が11時30分すぎに4時間半の戦いを終えて、お互いの
健闘を称えあってキャディさんもあわせて6人でお疲れ様の握手をしているところです。

アマチュアの大谷元気選手は15歳のジュニア選手!



↑ ↑ ↑ 大谷選手は、第18組で川村昌弘プロとS・ノリスプロと一緒にまわって
おられました。ホールアウト後に話をきいてみると・・・
「やはり学生だけが出場する試合と違い、プロと一緒だとすべてが勉強になり
貴重な体験をしています」と。
川村プロと喋ったりしたの?と聞いてみると「はい。優しく声をかけて貰って学校の話とか
しました」と。川村プロが24歳と若いので、ちょうどお兄ちゃんという感じで会話が
弾んだのかもしれません。「2日目の明日は、もう少し落ち着いて、1つでもアップ
させていこうと思います」と力強く話をしてくれました。
因みに、大谷くんは松山英樹プロを目標であり好きなプレイヤーと教えてくれました。

今年も楽しませてもらいます!小田龍一プロの気合の1打!!



ギャラリーが多い山下和宏プロ!男性からの声援多し!!



片岡大育プロ(右)伊能キャディ、宮崎優作プロは移動中、楽しそう!!



キャディさんがバンカー砂ならし・・・



ボランティアの皆さんは大会開催の縁の下の力持ちです!その内容は…↓ ↓



担当する組の3名のスコアを管理する重要なボランティアです



18ホールをスコア管理しながら歩きました!やり終えた笑顔!記念ボールと共に…



◇ギャラリープラザでは・・・


KONも1個500円なので2個分募金をしました…



はい、いただきました。各日数に限りがありますのでご了承ください。



◇ふれあい広場では・・・
KONが見た、ファンの皆さんが、ながぁ~い列を作られたシーンを見たところをご紹介。

長い列が出来ていましたよ~この列の先頭にいるプロは近藤共弘プロ



ちょっとシャイな川村昌弘プロ



高橋勝成プロはコース上でもファンに気さくに応えて大人気!皆んなが笑顔に!!



山下和宏プロもファンサービス満点!写真、サイン、握手と大忙し!!!



KONも長年のファンで取材もさせて頂いた田中秀道プロ



↑ ↑ おまけ画像ですが、以前、取材をさせて頂いた田中秀道プロも、ファンに対して
神対応!普段、取材中は私情をいれませんが、今回はいつもお世話になっている
小田龍一プロのご家族にKONさんも記念に直に実践?!した様子を記事にアップ
してみては?…と協力して頂きました。ありがとぉ~!!!!!

この「ふれあい広場」での写真撮影やサイン会開催は、19日(金)20日(土)も
開催されます。必ず、ホールアウト後にスコアを提出した後での実施になりますので
スタート前などに依頼する事のないようにお気をつけて、お楽しみ下さい。

◎◎大会1日目が終了し、4アンダーの単独トップは今平周吾プロ。
今季はノリにのって好成績をおさめておられるので、このままトップをキープ?
それとも・・・2日目以降、怒涛の勢いでアップしてくるプロが続出するのか?
最終日の21日(日)まで好天が続き、ゴルフ観戦が楽しめると思います。

このイベントも大人気です!!!参加する価値が大アリです!!!



うぐいすも素敵な声を聞かせてくれ、青空のもとアツイゴルフの戦いをナマでご覧くださいね。

勝利の女神は誰に微笑み、頂点にたつのは果たして???

開催日時 2017年 05月18日(木) ~ 2017年 05月21日(日)
18日・19日 7:00スタート
20日・21日 9:00スタート(予定)
参加費・入場料 予選ラウンド 18日・19日2000円
決勝ラウンド 20日・21日3000円
※いずれも軽食券つき
HP http://www.all-kansai-golf.com/open
会場 城陽カントリー倶楽部 京都府城陽市寺田奥山1-46 ≫会場Webサイト
アクセス JR学園都市線「京田辺駅」近鉄京都線「新田辺駅」下車、無料ギャラリーバス随時運行(乗車時間約25分)※新田辺駅前のバスロータリーより乗車
お問合せ 0774-52-2525
関連地図

この記事を書いた人:

KON
宝塚で生まれ育ち、現在は箕面市在住。 この2市でしか生活をしていませんが、北摂・京阪神地区を 駆けまわっていますので、ひとつでも多くの情報をUPして いきます。 イベント&スポーツ情報にグルメの事なら、おまかせあれ!!!
http://citylife-new.com/play/event/53349.html