9月8(土)、9(日)「鳴く虫と一箱古本市」伊丹で開催


江戸時代の様子を今に伝える伊丹郷町館をメイン会場に、市内の文化施設や商店街、街路樹などで約15種3,000匹の虫の音が響きわたる「鳴く虫と郷町」は、伊丹の人気イベントの一つ。
音楽、飲食、文化と様々なスタイルで虫の音を楽しむことできる。
その関連イベントとして9月8日(土)、9日(日)に「鳴く虫と一箱古本市」が初めて開催される。

秋を感じるイベント



一箱古本市は、個人参加者が店主となり、セレクトした古本を一つの箱に入れて持ち寄る古本市で、2005年に東京の『不忍ブックストリート』からはじまり、全国各地で広がりをみせている。
当日は、猪名野神社鳥居前、宮ノ前商店街の店舗の軒先に、出店者の個性があふれる様々な一箱が並ぶ。
売り手と買い手の距離が近く、本を話題に会話がはずむなど、コミュニケーションも魅力の一つ。
意外な掘り出し物や、探していた本と巡り合うかも。
読書の秋にぴったりな、本好きにはたまらないイベントだ。

開催日時 2018年 09月08日(土) ~ 2018年 09月09日(日)
10~17時
参加費・入場料 無料
HP https://www.facebook.com/events/1629945847114875/
会場 宮ノ前商店街 
アクセス JR・阪急伊丹駅より徒歩約12分
お問合せ 古書みつづみ書房 TEL 090-8197-9930
関連地図

この記事を書いた人:

いく
近場エリアのちょっとしたお出かけの中で見つけた美味しいもの、楽しいこと、たまにマニアックなネタ・・日々の生活に小さなワクワクを与えてくれる発見をお伝えしていきたいです。
http://citylife-new.com/play/event/66692.html