ボストン美術館 浮世絵名品展  北斎


神戸市立博物館で6月22日(日)まで、人気開催中の
〃ボストン美術館 浮世絵名品展  北斎〃を紹介します。

館内に入る前からワクワク

館内に入る前からワクワク



皆さん、既にご存知の通り、葛飾北斎は、江戸時代後期に浮世絵師として登場、
90歳で亡くなるまでにたくさんの作品を描かれました。
常に新しい表現に挑み続けた画人、この展覧会では厳選された作品が
数多く鑑賞する事ができます。
「冨獄三十六景」をはじめとする著名なシリーズから、世界中でボストン美術館
のみに所蔵されている錦絵、版本、組上絵や肉筆画など北斎の魅力をたっぷりと
お楽しみ頂きたいと思います。

エントランスホールでは撮影OK

エントランスホールでは撮影OK



〈某メーカーお茶漬けのもと〉を買い、袋を開けると…北斎カードが入っていて
集めた記憶があるのですが、どこにいってしまったのか?…という思いを胸に
博物館へ行きました。

館内は平日でしたが多くの人。年配者が多く来場されていましたが、
若いお客様も感心しながら鑑賞。そして「さすが北斎!!!」と思ったのは
外国の方も多く、食い入るように熱心に一点一点鑑賞されていました。
何人かの外国の方に話を聞くと…
『北斎は有名!』『北斎はイイね!!』と皆さん笑顔。

良いものはイイ!と解る・通じるのは万国共通なのですね。

私のオススメ作品を番号・作品名でご紹介します。

11「新版浮絵 浦島龍宮入之図」・21「東海道彩色摺 五拾三次」
24〃六歌仙〃「在原業平」⇒文字の線を用いて絵を描く文字絵に注目して!!
31「浅草寺雷門」⇒立体のものもアリ
33「冨獄三十六景 神奈川沖浪裏」34「冨獄三十六景 凱風快晴」
※冨獄三十六景…と言いますが人気作品は36プラス10作品で合せて46あるとか!
その中から21点が鑑賞できます。
66「諸国名橋奇覧 摂州阿治川口天保山」⇒アノ天保山の昔の風景が!!
97~100「百物語 お岩さん・笑ひはんにや・こはだ小平二・さらやしき」
117「靭猿狂言」⇒面白い!!の一言。絶対に見てほしい~!!作品。

北斎は好きな画人なので何度も行ったり来たり…で時間を忘れて鑑賞しました。
会期間も残りあと僅か、是非、皆さんも鑑賞に行って
″偉才、極彩、北斎″の作品で《目の保養》をして下さいね。

導入部から見応えアリ!

エントランスから見応えアリ!



展覧会公式サイト   http://ukiyoe.exhn.jp/

神戸市立博物館
神戸市中央区京町24
TEL:078-391-0035
HP:http://www.city.kobe.lg.jp/museum/
営業時間 【開館時間】
9:30~17:30(入館は17時まで)
※土曜日は19時まで開館(入館は18:30まで)
定休日 休館日 月曜日
アクセス 阪急・阪神電鉄「神戸三宮駅」より南西徒歩約10分
JR・阪神「元町駅」より南東へ徒歩約10分
駐車場 なし ※近くの有料駐車場をご利用下さい
関連地図

この記事を書いた人:

KON
宝塚で生まれ育ち、現在は箕面市在住。 この2市でしか生活をしていませんが、北摂・京阪神地区を 駆けまわっていますので、ひとつでも多くの情報をUPして いきます。 イベント&スポーツ情報にグルメの事なら、おまかせあれ!!!
http://citylife-new.com/play/event/8549.html