地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

コンフォートデンチャーで快適な生活を~ 65 歳からは口腔機能低下症の検査を~

2019.09.06

入れ歯を作ったが落ちる、噛めない、痛いなどの相談(セカンドオピニオン外来)があります。口腔内のトラブルは低栄養の原因となり免疫力も低下し糖尿病、認知症、脳梗塞、誤嚥性肺炎などのリスクが高まり、要介護の原因となります。コンフォートデンチャーはピタッと吸着し良く噛
め、留め金が見えないアタッチメントを使用し、院内ラボとの連携で精密に作成していきます。入れ歯の性能は口腔周囲筋との調和が大切です。65歳になったら咬合圧・咀嚼能力・舌圧など口腔機能低下症の診断を受け異常があれば、筋機能訓練( M F T )が必要です。詳しくはかかりつけにご相談ください。

朝倉歯科医院 あさくら

住所
茨木市南春日丘1-1-19
電話番号
072-625-2001

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。