NIFRELにふれる VOL.9


11月19日(土)に1歳の誕生日を迎えたニフレルでは、来年1月23日(月)まで、「生きものとアートの出会い展」を開催しています。館内の5つのゾーンで暮らす生きものたちからインスピレーションを得た、5人のアーティストによるアート作品が、空間全体に展示されています。
 今月は、2度目の来館となる親子に、この期間だけの特別な表情をしたニフレルをレポートしてもらいます。

にふれる
 特に印象的だったのは「いろにふれる」です。壁一面に大きく描かれた魚が目に飛び込んできます。鮮やかな水彩で描かれ、まるで水槽にいる魚たちと一緒にそこを泳いで競演しているようでした。

いろにふれる7313
 
次の「わざにふれる」では、ニットで編まれたユニークなキャラクターが並び、子どもたちも興味津々!ここにいる生きものたちと同じように、何か技をもっていて今にも動き出しそうでドキドキしちゃいました。

わざにふれる7456

「うごきにふれる」では、そこで暮らす生きものたちを捉えた写真が展示されていました。自分が写った作品によじ登って自由にあそび廻るワオキツネザルがとっても楽しそう!もしかして仲間が増えたと思っているのかも?ゾーンそれぞれが以前に来た時とは異なる世界になっていて、1回目とはまた違う感性が刺激されました。

うごき7399


年間

NIFREL
<ニフレル>
吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
TEL:0570-022060
営業時間 10時~20時 ※最終入館19時

この記事を書いた人:

北摂WEST版
大阪府 吹田市、豊中市、箕面市、池田市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifewest/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2016/12/47752.html