祈りのかたち -知られざる建築儀式の世界-


日本人は古来より土地、樹木、建築などさまざまなモノに神が宿ると考え、そこに人の手を加えるときには「祈り」を捧げることで、神々の御心を鎮め、安全を祈願してきた。建築儀式にどのような祈りを込め、それを形にしてきたのか。残された文献絵画資料と儀式用具からその意味を読み解く。

開催日時 2017年 04月15日(土) ~ 2017年 05月28日(日)
月曜休館(祝日の場合は翌日休館)
9時半~16時半(入場は16時まで)
参加費・入場料 入館料:一般500円/大高生300円/中学生以下無料/65歳以上の方200円
※常設展観覧料を含む
会場 竹中大工道具館
アクセス 神戸市中央区熊内町7-5-1
お問合せ 078-242-0216

この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/03/51125.html