NIFRELにふれる VOL.12


3月はひな祭り!そこで今月号では、女性キュレーターさんに〝ニフレルの女の子〞に焦点をあてて紹介してもらいます。


フリソデエビは
肉食系女子

 「わざにふれる」のフリソデエビは、名前のとおり着物の振袖のような優雅な脚をもつ、パステルカラーのエビの一種です。その見た目とは裏腹に、好物のヒトデを生きたままで1〜2週間かけてじわじわと食べ続ける〝肉食系女子〞!つがいになると一途に一生連れ添うオシドリ夫婦で、ニフレルでも仲良く同じヒトデを食べている姿がよく見られます。
 次に、水中と水上を同時に見ることができ、4つの目があるような見た目のヨツメウオ。世界三大珍魚の一種といわれています。卵を体内でふ化させて子を産む卵胎生で、その体長からはとても想像できない、なんと約4㎝にもなる稚魚を少数産みます。一度にたくさんの卵を産む卵生とは違い、初期に自然界で生き残りやすくなっています。






トップクラスの美形
 アメリカビーバー

 「うごきにふれる」のアメリカビーバーのジャスミンは、口や手足を使ってグルーミング(毛づくろい)をよくします。身だしなみを整える様子は女子力が高いといえるかも。ニフレルでトップクラスの美形なのに気が強く、おっとりなオスのアラジンとは最初は喧嘩ばかり。でも最近では並んで一緒に泳いだり寄り添ってお昼寝したり、とっても仲良しに!見る人をトリコにさせるキュートさを持ち合わせています。



また、3月16日(木)はホワイトタイガーのアクア(オス)の4歳の誕生日!アクアが大好きな肉ケーキでお祝いします。好評につき期間延長中の「生きものとアートの出会い展」も4月9日(日)まで開催中です!




NIFREL
<にふれる>
吹田市千里万博公園2-1
EXPOCITY内
TEL:0570-022060
営業時間 営/10時~20時
※季節により変更あり
※最終入館19時
定休日 年中無休
アクセス 大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩約3分
関連地図

この記事を書いた人:

シティライフ編集部
北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』の編集部です。 市民記者の皆様と一緒に、地域密着の情報をお届けします。

HP: http://citylife-new.com/


http://citylife-new.com/publicities/2017/04/51347.html