終活のススメ『樹木葬』


 いま注目を集めている「終活」とは、今までの人生を振り返り、将来をより楽しむための活動のことをいいます。今回は注目度が高くなってきた「樹木葬」についてお墓の専門家である山崎譲二さんにお話をお伺いしました。

【現代社会がかかえる深刻なお墓の問題】
 「近年のお墓事情は大きく変化しています。少子化により継承者がいない場合や、管理が子どもに大きな負担になる場合も多く、お墓の悩みを抱える人が多くなってきました」と山崎さん。こういった背景から、埋葬方法も多様化をみせている。その中でも注目度が高いのは〝樹木葬〞。「自然に還れる」「子どもに負担がかからない」といった点が人気の理由だ。

【継承の必要がなく、永代供養の「樹木葬」】
 「樹木葬を選ぶ方が増えている理由は大きく4つあります。①遺骨は埋葬でき、お参りも可能②継承者なしでも永代供養で弔ってくれる③自然葬なので家や宗教に縛られない④一般的な墓地と比べ使用料が格安。これらをメリットだと捉える方が多くなってきました」と山崎さん。ただ、「お墓の周りに花を植えるだけ」といったものなど、樹木葬という名前がついてもさまざまな種類がある。しかし、樹木葬は〝遺骨を土に還す〞自然葬であることが本来の姿である。山崎さんが代表を務める「京都の樹木葬」運営事務局の場合、「東福寺」「建仁寺」「大徳寺」といった歴史のある塔頭寺院では、樹木や豊かな緑の中、遺骨は杉コケなどに覆われた区画に埋葬するというスタイル。格式があり将来的にも安心感がある。電車のアクセスが良く、町中なので行きやすく地方からでも観光を兼ねてお参りができるのも良い。契約者の85%が生前契約。元気なうちにお墓を用意する人が多いようだ。お墓や樹木葬について詳細を聞きたい方は左記のセミナーか現地見学会に参加してみては。

「京都の樹木葬」運営事務局
<(有)カン綜合計画内>
京都市中京区寺町通夷川上ル久遠院前町669
サンアートビル4F
TEL:075-257-7977
HP:http://www.jumokusou.jp/
関連地図

この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/07/56109.html