脳科学で見違えるほどの改善を見せる子どもたち


わが子が発達障害と診断され、療育の方法を探っているお母さんに知ってほしいのが、「脳科学のデータに基づいたカリキュラム」を実践しているSomaHouseキッズスクール。ワーキングメモリトレーニングをはじめとする様々なカリキュラムを楽しく遊びながら進めていく。通う子どもたちも笑顔いっぱいだ。

【能力を底上げすることで、症状は改善される】
 3歳半健診で気づくことの多い発達障害。お友達とコミュニケーションがうまくとれないなど、これからの幼稚園や小学校での生活に不安を抱く保護者の方も多い。西宮北口校も誕生したSomaHouseでは脳科学のデータに基づくカリキュラムで発達障害(脳機能障害)を改善へとアプローチしてくれる。「個別カリキュラムや集団療育、2対1など、お子様に合ったスタイルで、カリキュラムも遊びの中で自然に身についていくように工夫を凝らしています。ここで楽しい時間を過ごすうちに、社会性(HQ)を伸ばし、無理なく能力を底上げすることができます」と話すのは同スクールの脳科学幼児教育認定講師の高橋さん。
 ここでの療育を通して、子どもたちは日に日に改善を見せ、親御さんにも笑顔がふえるという。「保護者様へは、年齢に合わせてお子様にできることを明確に伝えながら、ご家庭でできるアプローチ方法や子育て相談などにも応じています。一人で悩まずに、私たちが一緒にお子様の成長をサポートしていくので気軽にご相談ください」と高橋さん。まずは一度、スクール見学に行ってみよう。

脳科学児童デイサービス(児童発達支援事業) Soma House キッズスクール
西宮市丸橋町8-101 2階
TEL:078-392-6730
HP:http://sh-kidscare.jp
営業時間 電話受付(平日10時~17時)
関連地図

この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/07/56184.html