終 ” 活 “ の ス ス メ


『遺 骨 葬』
い ま 注 目 を 集 め て い る「 終 活 」と は 、今 ま で の 人 生 を 振 り 返 り 、将 来 を よ り 楽 し む た め の 活 動 の こ と を い い ま す 。今 回 は 初 め て そ の 名 を 聞 く 方 も 多 い「 遺 骨 葬 」に つ い て 神 峯 山 寺 山 内 嶺 峰 院 の 宮 本 執 事 長 に お 話 を お 伺 い し ま し た 。


時 代 の 流 れ に 沿 っ た 葬 儀 の 形
昨 今 、葬 儀 を 行 わ ず 、亡 く な る と そ の ま ま 斎 場 に て 荼 毘 に 伏 す と い う 方 が 増 え て き て い る 。そ の 理 由 は『 経 済 的 、時 間 的 な 事 情 』が ほ と ん ど だ と い う 。 「 こ れ ら は一 部 で『 直 葬 』と 呼 ば れ て い る よ う で す 。し か し 残 さ れ た ご 遺 族 の 中 に は 、き ち ん と 送 っ て あ げ た か っ た … と 心 残 り に 思 う 方 が 多 い よ う で す 」と 話 す の は 、神 峯 山 寺 山 内 嶺 峰 院 執 事 長 の 宮 本 さ ん 。数 年 前 よ り 、で き る だ け 費 用 と 労 力 を か け ず 葬 儀 を 執 り 行 う 『 家 族 葬 』と い う 言 葉 が 一 般 的 に な っ て い る が 、 亡 く な っ た 方 の 弔 い 方 は さ ら に 変 化 し 、こ の 『 直 葬 』と 呼 ば れ る ケ ー ス が 増 え は じ め て い る 。 「 そ こ で 、時 間・費 用 を か け ず シ ン プ ル か つ 正 式 に 弔 い た い と い う ご 遺 族 の 気 持 ち に 寄 り 添 っ た 、新 し い 葬 儀 の ス タ イ ル と し て 、嶺 峰 院 で は 遺 骨 で 葬 儀 を 行 う「 遺 骨 葬 」と い う も の を ご 提 案 し て い ま す 。こ れ は 、亡 く な っ た 方 の 遺 体 で 葬 儀 を し て 斎 場 に 火 葬 す る の で は な く 、先 に 斎 場 で 遺 骨 と な ら れ た も の を お 寺で 弔 う と い う 方 法 で す 。ご 遺 族 の 手 に よ っ て 持 参 さ れ た 遺 骨 は 、 嶺 峰 院 に て 僧 侶 が 従 来 と ま っ た く 同 じ 作 法 で 葬 儀 法 要 を 執 り 行 い ま す 」と 宮 本 執 事 長 。こ れ な ら 、遺 族 に か か る 時 間 的 、経 済 的 な 負 担 は 大 幅 に 軽 減 さ れ 、し か も 葬 儀 法 要 は 正 式 な 形 で 執 り 行 わ れ る の で 、心 残 り な く 故 人 を 送 る こ と が で き そ う だ 。


自 ら 生 前 予 約 を さ れ て い る 方 も
驚 い た の が 、こ の『 遺 骨 葬 』に つ い て 問 合 せ を さ れ る 方 の 多 く が 家 族 で は な く ご 本 人だ と い う 。「 葬 儀 社 に 依 頼 し て 行 う 仰 々 し い 式 は 必 要 無 い し 、家 族 に 負 担 も か け た く な い 、と 仰 ら れ る 方 が た く さ ん い ら っ し ゃ い ま す 。ご 自 身 で 自 分 の 終 活 を き ち ん と 準 備 さ れ る こ と で 、心 の ゆ と り と 安 心 が 生 ま れ る よ う で す 」と 宮 本 執 事 長 。興 味 を 持 た れ た 方 は一度 、問 い 合 わ せ て み て は 。


嶺峰院 回向堂
<れいほういん えこうどう>
高槻市原3301-3 神峯山寺山内寺院
TEL:072-688-0488
HP:http://reihouin.jp
営業時間 9時~17時 
駐車場 駐車場有り
関連地図

この記事を書いた人:

北摂EAST版
大阪府 高槻市、茨木市、摂津市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifeeast/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/08/56551.html