がん征圧チャリティーイベント 芦屋で開催


 リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017芦屋が、9月2日、3日と芦屋市川西運動場で開催される。これは、がん患者や家族の支援、がん征圧のためのチャリティーイベントで、1985年にアメリカで始まった。日本では、2007年に芦屋で本格開催されたのを始まりとし、今年11回目。年々活動地区は増え、いまや全国約50カ所で行われている。
 イベントの内容は、夜をまたいで個人やチームでタスキをつなぎながら歩くというもの。再会できたことを祝い、亡くなった方々をしのぶ。そして、夜明けには共に朝を迎えられたことを喜び、また来年再会できることを約束するなどだ。
 集まった寄付金は、運営費を除いて「公益財団法人 日本対がん協会」に集められ、患者支援の活動や新薬開発への研究、若い医師育成のための補助金、検診の受診啓発活動など、がん征圧のために使われる。昨年の芦屋からの寄付総額は約170万円。
 実行委員の城村勉さんは、「たとえ参加者が減っても続けること。帰ってくる場所を絶やさないことが大切」と、地元市民・事業者の更なる参加を期待する。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/08/56916.html