芦屋の名産品に 「ASHIYA BEER」が誕生


 芦屋市上下水道部と六甲ビール醸造所との共同研究から生まれた「ASHIYA BEER」が話題になっている。六甲水系の芦屋川の水の美味しさをPRし、同市の名産品になるような商品をと、六甲ビール醸造所と共同で研究を重ねて誕生した地ビールだ。芦屋川の上流から取水し奥山浄水場で緩速ろ過する。薬品を使わず時間をかけて砂の層を通すと、より純良な水に。その水を仕込みに使うことでビールの味や香りが一層際立つ。7月22日から芦屋市内限定で販売を開始した芦屋ビールは、トロピカルフルーツを思わせる甘いアロマと柑橘系の味わい。強めの苦みが心地よく残る。ラベルは、心のゆとりを持ち合わせている芦屋の女性をイメージして同市が作成したもの。また、第二弾として10月上旬に新しい味の発売が決定。シャンパンの製法などに用いられる二次発酵を行い、まるで洋酒のような甘い味わいと香りを感じられるビールに。六甲ビール醸造所の担当者は「秋の夜長にまったり飲んでほしい」と話す。1本330ml 518円。市内各酒販店、大丸芦屋店、いかりスーパー芦屋店などで販売。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/09/57555.html