知っておきたい自分の住む町の手当て・助成金 神戸市


子どもから高齢者まで、多世代を対象に助成制度が設けられている神戸市。中でも、若い世代への細やかなサポートが特徴的だ。親子世帯の同居・近居の住み替え助成と合わせて、市内への人口流入を促進すると同時に、子育て世代と高齢者が安心して暮らすことができるまちづくりに取り組んでいる。

【子育て】
[ 妊婦健康診査の公費助成 ]
兵庫県内の指定医療機関または助産所で妊婦健診を受ける際に使える補助券を交付し、費用を補助する。補助券は5千円の基本検診受診券や1万5千円の血液検査受診券など全部で29枚、助成上限額は合計12万円とする。
[ こども医療費助成 ]
中学生以下の子どもの医療費を補助する。所得制限はなく、自己負担金は医療機関ごとに入院・通院別で1日400円(月2回まで、以降は無料)。
[ 私立幼稚園就園奨励助成金 ]
私立幼稚園に在園する満3歳児~5歳児の保護者に、国の補助を受けて入園料・保育料の一部を助成する。助成額は所得が少ないほど多く、最大で1人あたり30万8千円。
[ 不妊に悩む方への特定治療費助成 ]
不妊治療に要する費用の一部を助成する。所得制限はなく、国制度の助成上限額の半額を上限とする。妻の年齢が43歳未満の夫婦を対象に、40歳未満の場合は通算6回まで、40歳以上の場合は通算3回まで助成。

【暮らし】
[ 耐震改修設計・工事の補助 ]
昭和56年5月以前に着工された住宅を対象に、無料の耐震診断を実施。診断の結果、評定が1.0未満と判定された住宅が耐震改修を行う場合は、設計費用に最大27万円、工事費用に最大130万円を補助する。このほか、シェルター型工事補助や防災ベッド等設置補助など、さまざまな補助制度を実施している。
[ 神戸市結婚新生活支援事業 ]
神戸に移転する新婚世帯に対し、所得や住環境などの要件を満たす場合に、転居費用など最大30万円を補助する。
[ 神戸市親・子世帯の近居・同居住み替え助成事業 ]
親世帯または子世帯が近居または同居するために転居した場合に、補助金を支給する。補助額は市内移転で10万円、市外から移転もしくは市街地西部地域外から地域内への移転で20万円。
[ 施設の食費・居住費にかかる利用者負担の軽減制度 ]
介護施設入所中の利用者に、食費・居住費の一部を負担する。補助額は所得に応じ、食費は日額最大650円、居住費は日額最大1,310円。
[ 家族介護慰労金 ]
要介護4以上の65歳以上の高齢者を家庭で介護している人に、年額12万円を支給する。所得制限などの要件あり。
[ 介護用品の支給 ]
在宅で寝たきりの高齢者、または介護をしている家族に、紙おむつなどの介護用品を支給する。支給額は年額2万5千円~10万円分。
[ 私道の街灯助成制度 ]
自治会等の地域団体で設置・管理している民間街灯の電気料金や、新設・取替にかかる経費の一部を助成する。助成金額は、維持管理費に年間2千円、灯具の新設・取替に最大1万1千円、支柱の新設・取替に最大2万円。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/11/59524.html