知っておきたい自分の住む町の手当て・助成金 西宮市


こどもの医療費について所得によっては中学生まで無料とするなど、子育てしやすいまちを目指している。また、高齢者や障がいのある人に対しても医療や介護、防災、交通など多方面から助成。幅広い世代に対する福祉サービスを充実させている。

【子育て】
[ 妊婦健康診査費用助成 ]
西宮市の契約医療機関で妊婦健診を受ける際に使える受診助成券を交付し、費用を補助する。受診助成券は1万1千円券と5千円券合わせて14枚で、助成上限額は合計8万2千円とする。また、西宮市の契約医療機関以外の病院で受診した場合も助成(償還払い)可能。
[ 乳幼児等・こども医療費助成制度 ]
中学生以下の子どもの医療費を補助する。0歳は所得制限がなく、外来・入院ともに無料に。1歳から6歳までは、所得基準額に満たない場合は外来・入院ともに無料。所得基準額を超える場合は、外来は1日800円限度で月2回まで。入院は1割負担(月額3,200円限度)。小学生から中学生までは、所得基準額に満たない場合のみ、外来・入院ともに無料。
[ 私立幼稚園就園奨励費補助金 ]
対象となる私立幼稚園に在園する満3歳児~5歳児の保護者に、国の補助を受けて入園料・保育料の一部を助成する。所得制限はないが、助成額は所得などによって異なり、最大で1人あたり30万8千円。

【暮らし】
[ 住宅の耐震化への補助 ]
昭和56年5月以前に着工された住宅(戸建住宅、共同住宅)を対象に耐震診断を実施。費用は木造戸建住宅が3,090円。また、住宅(戸建住宅、共同住宅)の耐震改修工事に対しても補助を行う。戸建住宅で設計費用に最大20万円、工事費用に最大130万円を補助する。このほか、戸建住宅については建替工事費補助、屋根軽量化工事費補助などがある。
[ 介護用品の支給 ]
介護保険で要介護4または5の認定を受けていて、市民税非課税世帯に属している在宅の高齢者等を介護している家族に対して、要介護者が常に失禁状態でおむつの使用が適切と認められる場合は、紙おむつなどの介護用品を支給する。上限月額6,500円。
[ 高齢者交通助成割引購入証の交付 ]
4月1日現在、満70歳以上で1年以上西宮市に住所を有している高齢者に対して、1人につき年1回、1枚1,000円分の5枚綴り(5,000円分)の電車・バス・タクシーの割引購入証を交付する。交通助成割引購入証は、各交通機関の乗車券等を購入する場合において2,000円ごとに1枚を使用することができる(半額助成)。購入証のみで運賃の支払いはできない。
[ はり・きゅう・マッサージ施術費補助券の交付 ]
4月1日現在、満70歳以上の高齢者が、西宮市と契約しているはり・きゅう・マッサージ指定施術所で保険適用外施術を受ける場合、1人につき年1回、1枚1,000円分の5枚綴り(5,000円分)の補助券を交付する。
[ 福祉タクシーの派遣 ]
要介護4または5に認定された高齢者や身体障害者等、一般の交通機関の利用が困難な人に対して、福祉タクシーで移動した際のタクシー料金を助成する福祉タクシーチケット(年間最大48枚)を交付する。
[ 家族介護慰労金の支給 ]
介護保険の要介護4または5に認定された市民税非課税世帯に属する在宅高齢者等であって、過去1年間介護保険のサービスを利用していない(年間7日以内のショートステイを除く)人を介護している家族に、年額12万円を支給する。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/11/59525.html