西宮市卸売市場  再開発計画が始動


 JR西宮駅南西地区にある卸売市場の市街地再開発事業への取り組みが進んでいる。老朽化が問題になっている公設の西宮市地方卸売市場と、民設の西宮東地方卸売市場が対象で、2階建ての卸売店舗や、低層階を店舗フロアとする37階建てのタワーマンションなど5棟に生まれ変わる計画。現状の市場は買い物できる小売店もあり、「おろいち祭り」などのイベントも開催している。市場は一般にも開放しており、現状の市場のスタイルを踏襲した形での再生を模索中。西宮市担当課は「広くみなさんに親しんでもらえるようなまちにしたい」と、2025年の開業を目指している。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/11/59531.html