「 い び き 」 「 歯 ぎ し り 」 の お 悩 み は オ リ ジ ナ ル マ ウ ス ピ ー ス で 解 決


「大きないびきをかいている」や、「睡眠中に息が止まっている」と言われたことがあれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に舌を支える筋肉がゆるみ、重力により下あごが下がって空気の通り道である気道が塞がれ、無呼吸の状態が発生する病気のことです。症状としては大きないびきや日中の眠気です。その症状を改善するには「マウスピース療法」という、耳鼻科と連携すれば保険適用になる療法があります。当院では、患者様一人ひとりの歯型をとり、オリジナルの「スリープスプリント」というマウスピースが作れます。食事以外の時に無意識のうちに上下の歯を接触させていることはありませんか。例えば、考えごとをしている時、テレビを見ている時、何かに集中している時などに口を閉じているのに上下の歯がくっついていることに気が付いていない方が案外多いものです。この癖は、TCH(上下歯列接触癖)といい、歯ぎしり,歯のひび、歯のすり減り、詰め物への影響につながっています。又、歯だけでなく、首こり、肩こりの原因にもなることが分かってきました。上下歯は口を閉じていても1〜3ミリほど離れているのが理想意外と知らない歯の健康知識です。「バイトプレーン」によりそれらの症状を軽減することができます。当院では、今までの歯全体をカバーする形ではなく、より異物感が少なくTCHそのものを軽減するためのマウスピースを作成します。こちらは全て保険適用です。いびきや歯ぎしり以外にも、現代人は様々な歯の問題を抱えています。当院は、コンピューターで断層撮影を行うCT検査を取り入れています。従来の平面のレントゲン写真とは異なり、CT画像ではさまざまな角度から歯の状態を確認することが可能です。豊富な情報を得られるため、安全かつ高度な治療を行うことが可能になりました。歯科CT検査が保険適用となり、治療!いびき、無呼吸症候群にはスリープスプリント歯ぎしり、歯のすり減りはバイトプレーン歯科用CT検査でより安心・安全に費の負担も軽減されました。気になる症状があれば、いつでも相談に来てください。

塚本歯科
<つかもと>
箕面市半町3-16-3
営業時間
駐車場 Pあり
関連地図

この記事を書いた人:

北摂WEST版
大阪府 吹田市、豊中市、箕面市、池田市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifewest/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/12/59896.html