神戸の地酒「福寿」 ノーベル賞で振る舞われる


 株式会社神戸酒心館(神戸市)が醸造する清酒「福寿 純米吟醸」が、12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開催されたノーベル賞受賞晩餐会後のアフターパーティ「ノーベル・ナイトキャップ」で振る舞われた。「福寿 純米吟醸」は、兵庫県産の厳選された酒米と日本名水百選のひとつ「宮水」で醸造され、気品ある吟醸香と米の旨味が調和した味わいが特徴の日本酒。これまでにもノーベル賞受賞晩餐会において提供された経緯があり、今回で7回目となった。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2017/12/60167.html