阪神沿線で 自転車シェアリングサービスを開始


 株式会社阪神ステーションネットは、阪神西宮駅と甲子園駅で運営する駐輪場で、自転車のシェアリングサービスを昨年12月に始めた。同社が管理する電動アシスト付き自転車を利用でき、同サービスのステーションであれば、どこでも乗り捨て可能という。会員登録や予約、決済などはウェブサイトやアプリで行う。1月下旬には阪神尼崎駅と尼崎センタープール前駅にもステーションを開設した。料金は15分あたり60円、24時間千円が上限で、当面は15分あたり30円の特別価格で提供する。
 自転車にはGPS機能が搭載された鍵「スマートロック」を付けており、自転車の走行データが取得でき、ステーションの新規開設場所の検討に生かすことで、阪神沿線がより便利な街となるよう取り組む。担当者は「今後も阪神沿線で広げていきたい。シェアサイクルは関東を中心に大手コンビニエンスストアでも始めており、利便性は急速に高まるだろう」と話している。
 登録などはhttps://www.hellocycling.jp/


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/01/61016.html