お口の中の感染 (虫歯 ・ 歯周病) と誤嚥性肺炎につ いて


さまざまな疾病とお口との関連性を耳にすることが多くなってきましたが、 誤嚥性 (ごえんせい)肺炎もお口との関連性が高いようです。 今回は誤嚥性肺炎と口腔ケアに つ いて赤木院長にお話をお伺いしました。

死亡率から見る誤嚥性肺炎
厚生労働省によると、肺炎にかか っ て亡くなる人の割合は死亡原因の3番目となっております。 肺炎患者の約7割が75歳以上の高齢者で、 高齢者の肺炎のうち7割以上が誤嚥性肺炎です。物を飲み込む働きを嚥下 (えんげ) 、 口から食道へ入るべきものが気管に入 っ てしまうことを誤嚥と言 います。 誤嚥性肺炎は、 嚥下機能障害のため唾液や食べ物、 ある いは胃液などと 一 緒に細菌を気管に誤 っ て吸引することにより発症します。 お口の清潔が十分に保たれて いな いと、 お口の中で肺炎の原因となる細菌がより多く増殖してしま います。 また、 栄養状態が不良であることや免疫機能の低下なども発症に関与してきます。

誤嚥性肺炎と歯の関係性
唾液を飲み込んでみてくださ い。 嚥下が始まる時、 同時に奥歯がし っかり咬んで いるのがおわかりでしょうか。 奥歯が咬まな い状態では、 動かせるのは舌だけで嚥下しづらいはずです。 仮に奥歯がなければ、 嚥下が安定せず気管に入っ てしま い、誤嚥性肺炎を引き起こす原因になります。歯は咀嚼だけではなく、嚥下にも重要な役割を果たして います。 もし奥歯を失っ てしま っ た時は可能なら入れ歯よりインプラントをおすすめします。 入れ歯だと安定性にかけ、 高齢になると状況により入れ歯をするのが難しくなる場合があるからです。 誤嚥性肺炎予防は、 「し っ かりとした咬み合わせ」 「お口の清潔な衛生状態」 これが絶対条件です。

予防の考え方 虫歯 ・ 歯周病
良く言われる 「お子さん へ の口移しで虫歯になる」 と い っ たことは誤りで虫歯の直接的な原因ではありません。 お口の中にはおよそ300〜500種類以上の細菌が います。 これらは普段あまり悪さをしませんが、 プラークコ ントロール(ブラッシング・糸ようじ) が不十分だ っ たり、 お口の環境が不衛生になると、 細菌やカビが集ま っ たバ イオフ ィ ル ムが形成されます。 このバイオフ ィ ル ムの中の細菌の集合体が歯周病や虫歯がを発症させます。 そして、 その病気の進行が歯を失う原因になります。バイオフィ ルムが形成されて いるかどうかが問題です。 虫歯や歯周病の予防はお口を清潔な状態に保つことです。 これは歯科医師と衛生士と患者さんの共同作業で達成できます。 ご自身でのプラーク コ ン ト ロ ー ル と定期的な歯科医院でのメンテナン スで虫歯・歯周病・誤嚥性肺炎を予防しまし ょ う。

医療法人 貴志会 赤木歯科
<あかぎしか>
高槻市高槻町 7-25
TEL:072-682-0190
HP:http://www.akagi-implant.com/
関連地図

この記事を書いた人:

北摂EAST版
大阪府 高槻市、茨木市、摂津市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifeeast/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/03/62817.html