オーラルフレイルと口腔機能低下症 早期に発見し診断とアンチエイジングが重要


フレイル(虚弱)とは日常生活の活動量、身体能力、握力の低下を基準として、加齢に伴い健康障害を招きやすい状態のことです。口腔機能がわずかに低下した状態がオーラルフレイルで、進行すると口腔機能低下症となり、7つの症状、口腔不潔、口腔乾燥、咬合力低下、舌口唇運動機能低下、低舌圧、咀嚼機能低下、嚥下機
能低下のうち3つあると口腔機能低下症と診断します。「噛む」ことは、栄養摂取を良好にし認知症やロコモティブシンドローム(筋力及び筋肉量の減少)を抑え
る事に繋がり日頃のアンチエイジングが重要です。詳しくはかかりつけの歯科医院にご相談下さい。

朝倉歯科医院/本院
<あさくら>
茨木市南春日丘1-1-19
朝倉デンタルビル 春日丘交番隣り
TEL:072-625-2001
関連地図

この記事を書いた人:

北摂WEST版
大阪府 吹田市、豊中市、箕面市、池田市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifewest/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/05/63939.html