世界最大級のショッピング・イベント 「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2018」 神戸でも開催


 2009年、アメリカ版『VOGUE』編集長アナ・ウィンターの呼びかけで始まった「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT」(以下FNO)。日本でも同年に東京でスタートし、毎年大きな盛り上がりを見せている。記念すべき第10回目を迎える今年、東京・大阪・神戸・名古屋にて過去最大の国内4都市開催が決定。2回目となる神戸では9月22日に開催される。

【コンセプトは 街の活性化と社会貢献】
 ファッション業界の活性化を目的として開催されるF N O 。2017年に神戸が初めて加わり、大丸神戸店と旧居留地エリアの一部で開催された。大丸が創業300周年を迎えた年だった。「世界最大級のショッピング・イベントであるFNOは、弊社の大きな節目を飾る周年記念事業として最適であり、イベントを通じてファッションの街・神戸を活性化させたいという想いがありました」と株式会社大丸松坂屋百貨店 大丸神戸店 販売促進担当の土居幸子さん。さらに、「FNOのもうひとつの目的である“ファッションによる社会貢献”が我々の企業理念と共通したため」と、参画の理由を話す。会場では華やかなセレモニーやショッピングを楽しめる多彩なコンテンツはもちろん、チャリティ企画も実施。来店者数は前年同日約4割増、SNSでも多くの投稿があり、大好評を博した。旧居留地には普段では見られない幅広い年齢層の人々が訪れ、街の活性化につながる大きな成果を残した。

【官民協力で街に一層の華やぎを】
 神戸にとって第2回目の開催となる今年のFNOには、神戸市と公益法人神戸ファッション協会が特別協力。イベント開催や広報活動などにおいて協力する。行政の参画が実現することで、神戸の街全体を動かす一大イベントへの進化が期待される。「開催日である9月22日は、2006年より実施している神戸ファッションウィークの期間中。神戸の街に滞在し、神戸のファッション文化を楽しんでもらうための取り組みの一貫として、本イベントは強力なコンテンツになるはず」と市のファッション産業課の担当者は話す。また、かねてより神戸市は、夜間経済の弱さに課題を抱えており、FNOは14時~20時頃までの開催であることから、「ナイトタイムエコノミー」振興に
も効果が期待される。
 官民協力体制によって実施される神戸のFNO。会場も大丸神戸店を中心に旧居留地エリア全体へと規模を拡大し、周辺の店舗も巻き込みながら、より一層華やかで楽しいイベントになる予定だ。詳しい内容は、大丸神戸店や神戸市のホームページ、SNSなどで随時告知される。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/06/65060.html