愛する家族と共に生きる


 長年一緒に暮らすペットは家族同然の大切な存在。愛犬・愛猫の健康や高齢に伴うケアなど、動物好きな人の気になる情報を特集します。兵庫県動物愛護センターの中嶋さんにお話を伺いました。

【高齢ペットのケア】
 医療や生活環境が向上し、人と同様にペットも高齢化が進んでいます。7〜8歳になると犬や猫は高齢の仲間入り。種類や個体差にもよりますが、健康状態がよければ12〜15年ほど一緒に過ごすことができるでしょう。しかし、ペットも高齢になるほど身体に不調をきたしやすくなります。たとえば糖尿病や腎臓病、生殖器の病気の他、足腰が弱くなったり、痴呆がすすんで飼い主が分からなくなったり、放浪するものもいます。老犬や老猫用のペットフードを与える、足腰の負担を考えて散歩の距離を短くするなど、年齢と状態に合わせたライフスタイルに少しずつシフトしていきます。また、夏期は人と同様、熱中症にご注意を。暑い時間帯の散歩や暑い部屋での留守番は避けましょう。自分のペットの体調に気を配ってあげてください。

【触れ合いが鍵】
 ペットが健康でいられる一番の鍵は、飼い主の観察力です。歯磨きをしたり、遊びの時間を作ったりするなど、普段からペットとスキンシップをとっていると、「目やにが出ている」「体が熱い」「毛づやが悪くなった」「歯や口が臭くなった」など、健康状態の少しの変化にもいち早く気づき、病気の早期発見や予防につながります。特に気になる症状がなくても、年に1度は健康診断とワクチン接種を兼ねて動物病院にかかると安心です。また、スキンシップによって、ペットが自分を慕って信頼してくれる姿は飼い主にとっても嬉しいもの。大切な家族の一員として、ペットを最後までお世話できるよう、毎日の触れ合いを心掛けてくださいね。

兵庫県動物愛護センター
尼崎市西昆陽4-1-1
TEL:06-6432-4599
HP:http://www.hyogo-douai.sakura.ne.jp/
営業時間 営/管理棟:8時45分~17時45分(土・日・祝は休み) ふれあい館:10時~16時(※動物と触れ合えるのは、月曜以外の10時半~11時半、13時半~14時半)
関連地図

この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/07/65789.html